【シルバーライン協会】 シルバーラインワーク教室体験レポート

webバナー

訪問させていただいたのは「Ten・Forest(テン・フォレスト)」さん。
オリジナルジュエリーデザイン・制作や、シルバーアクセサリー・ジュエリーの手作り教室を開催しています。

代表の長谷川典子先生はジュエリーメーカーのデザイナーを経て、アクセサリー作りの楽しさやシルバーラインワークを広く知って欲しい、また先生方の資格取得や色々なバックアップをするために、シルバーライン協会を設立しました。

1月には、全面監修された「シルバーラインワーク 銀線を曲げて叩いて、プチ彫金で作るアクセサリー」の本が出版されています。

今回は、長谷川先生にお話を伺い、シルバーラインワーク教室も体験させていただきました。

 

00

 

⇒シルバーラインワークを教えてください

基本は線。線を材料にしてアクセサリーを作ることができます。
シルバー線で、火も特殊な接着剤なども使わずに、初心者の方も簡単に始めて頂くことができるとのこと。
ここで使用するシルバー950は、加工前は柔らかく扱いやすい材料です。
加工に慣れてくると、真鍮やゴールドフィルド(GF)、金でも加工できます。
アクセサリー作りの基礎(ポイント)が分かると、自分のオリジナルが作れる、直せる、飽きたらリフォームもできる等、利点があります。
また、材料は低コストなのも始めやすく、リングなど最初から自分のサイズで作れるので、人気があります。

⇒教室にはどんな方がいますか

シルバーラインワーク教室には、アクセサリーを自分で作ってみたい人、資格を取って先生になりたい人、修学旅行で来た学生さん、他の教室を開いている先生など、色々な方がいます。
また、本を見たけど一人で作るのは自信がない、可愛いから作ってみたい、今自分で作っているのと何が違うの?、親子で楽しみたい、という方にお勧めです。

⇒初めて作ったアクセサリーは?

小学生(高学年)の頃。イヤリングが大好きで、パーツを買いイヤリングアクセサリーを作りました。
中学生の頃は、紅茶の箱に作ったアクセサリーを綺麗に並べることが楽しかったです。

⇒作品のデザインはどんなときに浮かぶのでしょうか

素材を見たときや、作成中に考えたりします。例えば、ブローチのデザインを考える場合、着けた方を想像して、機能性も考慮していきます。
大きなものや複雑なものほど、何か作成中などに、ふと降りてくるような事もあります。

⇒長谷川先生にとってアクセサリーとは・・・

アクセサリーは、完成度の高さ、オリジナル性は重要ですが、身に着ける人を引き立てるものであると考えます。
絵画の額縁のように、身に着ける方の品格や個性を引き立てるものであってほしいと思っています。

⇒アクセサリーを自分で一から作れると思わなかったです・・・

そうですよね。みなさん、最初はそう思うのですが、簡単に作れるようになります。(笑)


シルバーラインワーク教室

いよいよ、シルバーラインワークに挑戦です!
長谷川先生に丁寧に教えてもらいながら、今回は「クリップチャーム」と「ペンダントヘッド」を作りました。

【クリップチャーム】

まずは真鍮で練習して、そのあとシルバーで本番です。

IMG_1413 ①10cmに切ったシルバー線を人差し指に乗せる感じで、ペンチを使って線の先端を90度に曲げる。
ペンチを持ち替えて、円を両先端に作ります。
IMG_1418 ②両先端の円から線の中心にマークを付け、ペンチを当てて、V字(90度)に曲げる。
IMG_1433 ③金床の上でV字の角を叩く。最初の円にペンチを入れ、ハード型にする。
IMG_1442 ④金床の上でハートの部分を叩く。
IMG_1447 ⑤一つの円をペンチで縦に起こす。
後で、この円に飾りを付けます。
IMG_1454 ⑥磨いて、飾りを付けたら出来上がり!!

 

【ペンダントヘッド】

こちらは練習なしの本番です。

IMG_1498 ①7cmに切ったシルバー線の中心にマークを付ける。
ペンチを使ってマークのところで折り曲げる。
IMG_1514 ②ペンチは握ったまま、シルバー線を交差させ円を作る。
円を持ちながら、線の両側を親指でハンガーのように曲げる。更に石が固定できるようペンチで両先端を曲げる。
IMG_1522 ③金床の上で線の両側を叩く。(両先端は叩かない)
IMG_1525 ④線の両先端を石に入れ、固定させる。
IMG_1529 ⑤中央の円に棒をいれ、回転させると、更に石が固定されます。
IMG_1541 ⑥磨いて、出来上がり!!

完成です!

IMG_1568


取材した日にペアリングを作っている方がいらっしゃいました。

IMG_1486 IMG_1630

約1時間半のアクセサリー作りでしたが、とても楽しく、もっと作りたくなるものでした。また、自分で作ったアクセサリーは愛着が湧いてきます!

ぜひ皆さんもシルバーラインワーク教室で、自分だけのアクセサリーを楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。

シルバーラインワーク教室の他にも、シルバ—アクセサリー・ジュエリーの手づくり教室がありますので、体験してみてください。

教室のご案内はこちら
http://tenforest.com/classroom/index.html


Top