イベント情報



1
『アルチンボルド展』
『アルチンボルド展』 @ 国立西洋美術館
6月 20 – 9月 24 全日
『アルチンボルド展』 @ 国立西洋美術館
ジュゼッペ・アルチンボルド《春》 1563年 油彩/板 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵 © Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid 2017年6月20日(火)から9月24日(日)まで、国立西洋美術館にて『アルチンボルド展』が開催されます。 奇想の宮廷画家アルチンボルド。謎が謎を呼ぶ、思考のラビリンスへようこそ。 ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。 自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世という神聖ローマ皇帝たちに寵愛されたアルチンボルドは、歴史上でもひときわ異彩を放つ、宮廷の演出家でした。そんな「アルチンボルド」の名は何よりも、果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々によって広く記憶されています。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘い、20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えました。 本展は、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点の出品作品により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫り、同時代の文脈の中に彼の芸術を位置づけ直す試みです。日本で初めて、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術を本格的にご紹介するこの機会を、どうかご期待ください。   開催概要はこちら http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/12364 報道発表会レポートはこちら http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/12260
日タイ修好130周年記念特別展『タイ 〜仏の国の輝き〜』
日タイ修好130周年記念特別展『タイ 〜仏の国の輝き〜』 @ 東京国立博物館
7月 4 – 8月 27 全日
日タイ修好130周年記念特別展『タイ 〜仏の国の輝き〜』 @ 東京国立博物館
仏陀坐像 スコータイ県シーサッチャナーライ郡 ワット・サワンカラーム伝来スコータイ時代  15世紀 サワンウォーラナーヨック国立博物館蔵   2017年7月4日(火)から8月27日(日)まで、東京国立博物館にて特別展『タイ~仏の国の輝き~』が開催されます。 国民の95%が仏教を篤く信仰する、仏教国タイ。その長い歴史の中で仏教はつねに人々とともにあり、多様な仏教文化が花開きました。現在でも、国王は仏教徒でなければならないと憲法に定められているなど、仏教が社会の基礎をつくり、大きな影響を与えています。 今年、2017年は日タイ友好130周年にあたります。特別展『タイ~仏の国の輝き~』は、この大きな節目に日タイ両国が協力して開催する展覧会です。仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家から現王朝のラタナコーシン朝までよりすぐりの名品を展観し、タイの歴史と文化、両国の交流史を紹介します。 本展で出品される総作品数は約140件。水と関係する蛇の神ナーガ神をテーマにした「ナーガ上の仏陀坐像」、優美に歩む姿が印象的な「仏陀遊行像」といった日本初公開の仏像にくわえ、ワット・スタットという第一級王室寺院を飾っていたラーマ2世作の大扉など、数々の門外不出の名品が集結します。 東京国立博物館では、実に30年ぶりのタイ展となります。どうぞご期待ください。   開催概要はこちら http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/15084
特別展「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」
特別展「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」 @ 国立科学博物館
7月 11 – 10月 1 全日
特別展「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”〜」 @ 国立科学博物館
  全長約5メートルのダイオウイカの標本展示が話題を呼び、60万人もの来場者を記録した特別展「深海」から4年—。 今夏、国立科学博物館で特別展「深海2017」が開催されます。 満を持して開催される本展では、「生物発光」「巨大生物」、「超深海」などに焦点を当て、最新映像とともにその実像を紹介。さらに、東北地方太平洋沖地震の実態にせまる「深海と巨大災害」「深海と資源」などを、実物の機材や映像・CGなどを駆使して紹介します。 4年前からさらに進化した特別展「深海2017」は、さらに「深く」、新たな感動を私たちに届けてくれることでしょう。どうぞご期待ください。   記者発表会レポートはこちら: http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/14178
『ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション』
『ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション』 @ 東京都美術館
7月 20 – 10月 9 全日
『ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション』 @ 東京都美術館
  曾我蕭白《風仙図屏風》江戸時代、1764年(宝暦14年/明和元年)頃 Fenollosa-Weld Collection, 11.4510 Photograph © 2017 Museum of Fine Arts, Boston     世界有数の規模と質を誇るボストン美術館のコレクションは、国や政府機関の経済的援助を受けず、ボストン市民、個人コレクターや企業とともに築かれています。本展では、美術館を支えてきた数々のコレクターの物語に光を当てながら、発掘調査隊の成果を含む古代エジプト美術から、歌麿や蕭白らによる日本・中国美術の名品、ボストン市民の愛したモネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術までを選りすぐりの80点でご紹介します。 ツタンカーメンから村上隆まで、ボストン美術館が誇る古今東西の至宝、名品の数々を堪能できる展覧会です。ご期待ください。   開催概要はこちら: http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/12629
企画展「 杉戸洋 とんぼとのりしろ」
企画展「 杉戸洋 とんぼとのりしろ」 @ 東京都美術館
7月 25 – 10月 9 全日
企画展「 杉戸洋 とんぼとのりしろ」 @ 東京都美術館
          《placing the boat》2017年   小さな家、空、舟などのシンプルなモチーフ。繊細に、あるいはリズミカルにおかれた色やかたち。抽象と具象の間を行き来するような杉戸洋(1970-)の作品は国内外で多くの人を魅了してきました。このたび東京にある美術館では初の個展を開催します。 会場となる地下に広がる吹き抜けの空間は、タイルの床やコンクリートを削った壁など、前川國男による建築独特の質感と佇まいをもちます。この空間から着想された最新作、深みのある釉薬に彩られた常滑のタイルによる〈虹?舟?〉や、絵画、ドローイングなどが、当館のギャラリーを色や光で満たします。さりげない空間のしつらえや様々なイメージの繋がりを見い出すなかに生まれてくる、作品と空間そして日常への眼差しが新しく開かれていくような感覚――つくることと見ることの喜びと深淵、ここでしか味わうことのできない作品との出会いをお楽しみください。   開催概要はこちら: http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/15032
2
3
4
『第30回 日本の自然を描く展』
『第30回 日本の自然を描く展』 @ 上野の森美術館
8月 4 – 8月 23 全日
『第30回 日本の自然を描く展』 @ 上野の森美術館
  「日本の自然を描く展」は、美術の啓蒙、普及を目的とした公募展です。 絵を描くことを職業としている人や、趣味で描いている人たちを区別することなく、絵を描くことが好きである、楽しいと思っている人たちが気軽に参加でき、自分の作品の発表の場となるような展覧会を目指しています。そのため出品作品のサイズをF10号(45.5× 53.0cm)までの小品とし、身近な風景や風物、人物、静物をモチーフにした日本画、油絵、水彩画、版画などの作品を募集します。そして、優秀な作品には賞を贈ります。また、主に当展覧会の出品者から構成される友の会を発足し、各地でのスケッチ会や絵画実技教室などを行い、生涯学習的な活動をしております。   開催概要はこちら: http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/16487
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
企画展「マリモ発見120 年 マリモの謎-どこからきたのか? なぜまるいのか?-」
企画展「マリモ発見120 年 マリモの謎-どこからきたのか? なぜまるいのか?-」 @ 国立科学博物館
8月 22 – 10月 9 全日
企画展「マリモ発見120 年 マリモの謎-どこからきたのか? なぜまるいのか?-」 @ 国立科学博物館
        (写真提供:国立科学博物館) 今年は、明治30 年(1897 年)8 月23 日に札幌農学校の川上瀧彌(かわかみたきや)が阿寒湖で毬のような球状で美しい藻を発見して120 年目にあたります。翌年、この藻は川上によって東京植物学会の『植物学雑誌』で「毬藻(マリモ)」と名付けられ、それ以来数多くの生物学者が、マリモがどこから来たのか?(生物地理学的な起源)、そしてなぜ丸いのか?(球状化するメカニズム)の解明に挑んできました。本企画展では、これらの2つの謎についてマリモの実物や映像などにより近年の研究成果が紹介されます。 また、現在絶滅の危機に瀕しているマリモを保全するために阿寒湖で取り組んでいる活動や、国立科学博物館が山中湖で行っている研究調査についても知ることができます。
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Top