イベント情報



7月
4
日タイ修好130周年記念特別展『タイ 〜仏の国の輝き〜』 @ 東京国立博物館
7月 4 – 8月 27 全日
日タイ修好130周年記念特別展『タイ 〜仏の国の輝き〜』 @ 東京国立博物館
仏陀坐像 スコータイ県シーサッチャナーライ郡 ワット・サワンカラーム伝来スコータイ時代  15世紀 サワンウォーラナーヨック国立博物館蔵

 

2017年7月4日(火)から8月27日(日)まで、東京国立博物館にて特別展『タイ~仏の国の輝き~』が開催されます。



国民の95%が仏教を篤く信仰する、仏教国タイ。その長い歴史の中で仏教はつねに人々とともにあり、多様な仏教文化が花開きました。現在でも、国王は仏教徒でなければならないと憲法に定められているなど、仏教が社会の基礎をつくり、大きな影響を与えています。

今年、2017年は日タイ友好130周年にあたります。特別展『タイ~仏の国の輝き~』は、この大きな節目に日タイ両国が協力して開催する展覧会です。仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家から現王朝のラタナコーシン朝までよりすぐりの名品を展観し、タイの歴史と文化、両国の交流史を紹介します。

本展で出品される総作品数は約140件。水と関係する蛇の神ナーガ神をテーマにした「ナーガ上の仏陀坐像」、優美に歩む姿が印象的な「仏陀遊行像」といった日本初公開の仏像にくわえ、ワット・スタットという第一級王室寺院を飾っていたラーマ2世作の大扉など、数々の門外不出の名品が集結します。

東京国立博物館では、実に30年ぶりのタイ展となります。どうぞご期待ください。

 

開催概要はこちら

http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/15084

Top