イベント情報



10月
24
東京都美術館『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』 @ 東京都美術館
10月 24 2017 – 1月 8 2018 全日
東京都美術館『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』 @ 東京都美術館

 

 



 

 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(渓斎英泉による)》1887年、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵    ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

 

2017年10月24日(火)から2018年1月8日(月・祝)まで、『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』が東京都美術館にて開催されます。

1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホは、1886年にパリに移り、この地でさまざま刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索していきます。そこで大きな役割を果たしたものが、日本の浮世絵でした。ファン・ゴッホは浮世絵版画を収集し、それを模写した油彩画を描き、構図や色彩を学び取っていきます。
さらにファン・ゴッホは、浮世絵をはじめとする美術作品や日本を紹介した文章を咀嚼しながら、独自の日本のイメージを醸成していきます。1888年には、芸術家たちの共同体を作ろうと南仏のアルルへ赴きました。大いなる期待を胸に訪れたこの地を、彼はしばしば日本と重ね合わせています。
ファン・ゴッホにとって日本は、創意の源であり、夢にまで見た理想郷だったのです。

この展覧会では、ファン・ゴッホと日本との相互の関係に2部構成でスポットをあてます。


開催概要はこちら:
http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/12819

11月
17
上野アーティストプロジェクト『現代の写実―映像を超えて』 @ 東京都美術館
11月 17 2017 – 1月 6 2018 全日
上野アーティストプロジェクト『現代の写実―映像を超えて』 @ 東京都美術館

 

 



 

 

 

2017年11月17日(金)から2018年1月6日(土)まで、上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」が東京都美術館にて開催されます。

上野アーティストプロジェクトとは、東京都美術館の学芸員が毎年テーマを決め、公募団体で活躍している現代作家を紹介するための展覧会です。美術と書を隔年で取り上げ、優れた現代作家を若い世代を中心に、その年のテーマに沿って選定し、紹介します。第1回展となる本展のテーマは「現代の写実―映像を超えて」。映像情報がめまぐるしく飛び交う現代で、絵画でしかできない「現代の写実」を真摯に追及している 9 人の画家たちを紹介します。

彼らは、それぞれどのようなリアリティを表現しようとしているのでしょうか?


開催概要はこちら:
http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/17378

Top