イベント情報

1
【国立科学博物館】 企画展『花粉と花粉症の科学』開催
【国立科学博物館】 企画展『花粉と花粉症の科学』開催 @ 国立科学博物館
12月 23 2016 – 3月 20 2017 全日
【国立科学博物館】 企画展『花粉と花粉症の科学』開催 @ 国立科学博物館
2016年12月23日(金・祝)から2017年3月20日(月・祝)まで、企画展「花粉と花粉症の科学」が国立科学博物館にて開催されます。 自然界において、花粉には子孫を残すための重要な役割があります。人間も花粉を食用や薬として利用してきました。 しかし、いまや花粉症は国民病ともいわれています。花粉症の原因となる植物、その発症メカニズムと防御について、最先端の研究内容を農学、医学、工学の各分野から紹介します。 花粉の誕生から花粉症まで、4つのゾーンで紹介します。 花粉の誕生~植物にとっての花粉~ ここでは植物の進化と花粉の誕生について紹介します。花の形は、花粉を運んでもらう様式と関係があります。また、花粉の形も実にさまざまです。模型や電子顕微鏡などで見てみましょう。 花粉は語る~花粉から何がわかるのか?~ 堆積物に埋没して保存された花粉化石を調べることによって、過去の植生や環境を知ることができます。花粉分析によって、古植生や気候変動などを推定する研究を紹介し、花粉分析に用いられる独特の研究用具やその手法を紹介します。 花粉と人類~花粉のもつ2つの顔~ 人間の蜂蜜としての花粉の食歴は紀元前に遡り、生薬やサプリメントにも用いられ、人間にとって花粉は薬や栄養源にもなります。一方で、花粉が引き起こす花粉症は人間を苦しめています。花粉症の原因と歴史、花粉症研究の歴史とともに、世界で花粉症を引き起こす植物を紹介します。 花粉症の対策~花粉生成・飛散から予防・治療の最前線まで~ 花粉の影響段階ごとに「生成」「飛散」「曝露」「発症」の4つに分けて紹介します。無花粉スギや花粉生成・飛散の予測に関する研究、花粉が付着しにくい衣服やマスク・メガネ・空気清浄機などの開発がなされています。花粉症の予防や治療など、最新の医療分野での研究も紹介します。 身近に存在する花粉について知ることができるこの機会にぜひご覧ください。  
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
『大英自然史博物館展』
『大英自然史博物館展』 @ 国立科学博物館
3月 18 – 6月 11 全日
『大英自然史博物館展』 @ 国立科学博物館
始祖鳥 ©The Trustees of the Natural History Museum, London   2017年3月18日(土)から6月11日(日)まで、『大英自然史博物館展』が国立科学博物館(上野公園)にて開催されます。   大英自然史博物館の誇る8000万点の収蔵標本の中から、世界的にも貴重な「至宝」のコレクション約370点を選りすぐり、一堂に展示するのが、今回の「大英自然史博物館展」です。   大英自然史博物館は、伝統的に主要所蔵品の貸し出しを控えてきたため、これが初めての世界巡回展となります。その最初の会場に選ばれたのが、ここ日本の国立科学博物館です。出品される展示物は動植物、化石、鉱物など多岐にわたり、ほぼすべて日本初公開を予定しています。標本を紹介するだけでなく、会場ではさまざまな動画を上映。   「始祖鳥」が化石から復元されて大英自然史博物館内を動き出すなど、現実では起こりえない驚きの映像を見ながら、自然史の魅力に触れていただければと思います。この機会にぜひご覧ください。   開催概要はこちら http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/10657   内覧会レポートはこちら http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/13033
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Top