イベント情報



1
『片岡鶴太郎展』
『片岡鶴太郎展』 @ 上野の森美術館
6月 14 – 7月 2 全日
俳優、画家として活躍する片岡鶴太郎さんの個展「片岡鶴太郎展 還暦紅~鶴が上野に還ってきた」(上野の森美術館、産経新聞社、ソーラーミラー主催)が6月14日から東京・上野の森美術館で開催されます。7月2日まで。 片岡さんの創作活動開始20周年と還暦を記念した全国巡回展は平成26年8月に始まり、これまで札幌、仙台、大阪、福岡など全国19カ所で開催されました。20会場目となる本展は、その有終の美を飾るものになります。 絵画から陶芸、着物の絵付けまで多岐にわたる片岡さんの芸術世界を、制作開始当初の未発表作品から新作まで120余点で紹介します。100匹以上の金魚を描いた屏風と映像を一体化させた大作『金魚〈二曲屏風〉』をはじめ、還暦を越えてもいよいよ盛んな片岡さんの情熱を示す意欲作が勢ぞろい。ぜひこの機会にご覧ください。   開催概要はこちら http://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/14774
2
3
4
5
『書だ!石川九楊展』
『書だ!石川九楊展』 @ 上野の森美術館
7月 5 – 7月 30 全日
『書だ!石川九楊展』 @ 上野の森美術館
傑出した書家にして評論家・石川九楊は、戦後前衛書の水準を遙かに超え、「言葉と書」の表現との関係を生き生きと回復させて、音楽のような絵画のような不思議で魅惑的な世界をつくりつづけています。   当展覧会は、制作作品1,000点到達を記念し、石川九楊の青年期の実験的作品から歎異抄、源氏物語書巻五十五帖等の日本古典文学、さらにはドストエフスキー、9・11、3・11をめぐる作品にいたる作品から最新の書にいたるまで、その前人未踏の表現世界を一挙公開いたします。   【開催概要】 7月5日 (水) 〜 7月30日 (日) 開館時間:午前10時~午後5時 *最終入場閉館30分前まで 入場料:一般、大学、高校生 1200円、中学生以下無料 *障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料 主催:石川九楊展実行委員会、日本経済新聞社 協賛:サントリーホールディングス / キーストーン・パートナース / 三洋化成工業 / 京都精華大学 / モリサワ / トンボ鉛筆 / ミマキエンジニアリング 協力:市之倉さかづき美術館 / ミネルヴァ書房 / 竹尾
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Top