世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」開催

パリ、ジャコブ通りの自宅におけるル・コルビュジエと《多数のオブジェのある静物》(部分)1923年 パリ、ル・コルビュジエ財団 ©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365

 
国立西洋美術館では、2019年2月19日(火)~5月19日(日)の期間、世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」を開催します。
 

開催主旨

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催される本展は、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。
 

ル・コルビュジエ「アメデ・オザンファンの住宅兼アトリエ」(1922-23年) Photo Charles Gérard ©FLC


 
本展はル・コルビュジエと同時代の作家たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるでしょう。
 
【出品作家】シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)/アメデ・オザンファン/パブロ・ピカソ/ジョルジュ・ブラック/フェルナン・レジェ/フアン・グリス/アンリ・ローランス/ジャック・リプシッツ
 

ル・コルビュジエとは



 
20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエは、アメリカのフランク・ロイド・ライト、ドイツ出身のミース・ファン・デル・ローエと並び、「近代建築の三大巨匠」のひとりに数えられます。
 

「ヴォワザン計画」図面の前のル・コルビュジエ 1926年 ©FLC


 
スイスの高級時計の生産地ラ・ショー=ド=フォンに生まれ、当地の美術学校で学んだ後、ウィーン、パリ、ベルリンなどの諸都市で建築と美術の新しい動向に触れました。1917年からパリを拠点に定め、1930年にフランス国籍を得ています。1920年から「ル・コルビュジエ」の名で著述活動を行い、『建築をめざして』(1923年)をはじめとする数々の著作と建築作品により、近代建築の第一人者として国際的に注目されました。
 
「近代建築の5原則」や「モデュロール」など独自の理論によるル・コルビュジエの代表的な建築作品のうち、「ラ・ロシュ=ジャンヌレ邸」(1923-25年、フランス パリ)、「サヴォワ邸」(1928-31年、フランス ポワシー)、「国立西洋美術館」(1955-59年、日本 東京)など7か国17資産からなる「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献」が、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。
 

ル・コルビュジエ「ラ・ロシュ=ジャンヌレ邸」(1923-25年) Photo Olivier Martin Gambier 2016 ©FLC


 

ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年)


 

見どころ

見どころ1 ピュリスムの画家ジャンヌレー「ル・コルビュジエ」誕生の前夜
 

シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)《開いた本、パイプ、グラス、マッチ箱のある静物》
1918年頃 鉛筆・グアッシュ、紙 37.5×53.5cm パリ、ル・コルビュジエ財団 
©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365


 

シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)《多数のオブジェのある静物》1923年 
油彩、カンヴァス 114×146cm パリ、ル・コルビュジエ財団 
©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365


 
見どころ2 キュビスムとの共演ール・コルビュジエが生きた1920年代パリの美術界
 

フェルナン・レジェ《サイフォン》1924年 油彩、カンヴァス 64.8×45.7cm 
バッファロー、オルブライト=ノックス美術館 
Collection Albright-Knox Art Gallery, Buffalo, New York. Gift of Mr. and Mrs. Gordon Bunshaft, 1977 (1977:29) Image courtesy of the Albright-Knox Art Gallery


 
見どころ3 絵画から建築へー総合芸術家ル・コルビュジエの多彩な活動
 

ル・コルビュジエ 「エスプリ・ヌーヴォー館」(1925年) Musée des Arts Décoratifs, Paris ©MAD, Paris


 

シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)《エスプリ・ヌーヴォー館の静物》1924年
油彩、カンヴァス 81×100cm パリ、ル・コルビュジエ財団
©FLC/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 B0365


 

展覧会概要

 

展覧会名 世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」

会期 2019年2月19日(火)~5月19日(日)

会場 国立西洋美術館 本館
(上野公園)

開館時間 9:30~17:30(毎週金曜日・土曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

休館日 毎週月曜日(ただし3月25日、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

観覧料 前売券/団体券 一般1,400円 大学生1,000円 高校生600円
当日券 一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
※中学生以下は無料。
※団体は20名以上。
※心身に障害のある方と付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳を要提示)。
※チケット販売:国立西洋美術館、展覧会ホームページ、主要プレイガイド、主要コンビニ店頭など。詳しくはこちらへ。

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

展覧会公式HP https://www.lecorbusier2019.jp

 

Top