Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Calendar

11月
6
東京国立博物館 特別展 「人、神、自然-ザ・アール・サー二・コレクションの名品が語る古代世界-」 @ 東京国立博物館
11月 6 2019 – 2月 9 2020 全日
東京国立博物館 特別展 「人、神、自然-ザ・アール・サー二・コレクションの名品が語る古代世界-」 @ 東京国立博物館

東京国立博物館東洋館3室では、2019年11月6日(水)から2020年2月9日(日)の期間、特別展「人、神、自然-ザ・アール・サー二・コレクションの名品が語る古代世界-」を開催します。

 

本展覧会は、ザ・アール・サーニ・コレクションの誇る名品の中から選りすぐりの117点を紹介するもので、地中海地域~アジア、アフリカ、中南米といった地域の古代社会に由来する作品を一度に鑑賞できる、貴重な機会となります。
2013年にリニューアルした東京国立博物館の東洋館は、旅をコンセプトに、アジア各地の美術品や文化財を展示。
館内を一回りすると、アジア各地を巡る時空を超えた「旅」をしているような気分になれます。
ぜひ、時間的、空間的な広がりを増した東洋館を旅してみてください。

 

詳しくは公式HPへ:https://www.tnm.jp/

 

11月
16
上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」 @ 東京都美術館
11月 16 2019 – 1月 5 2020 全日
上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」 @ 東京都美術館

東京都美術館では「上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」」(会期:2019年11月16日(土)~2020年1月5日(日)を開催します。

東京都美術館は、数多くの公募団体の作品発表の場として親しまれ、「公募展のふるさと」と呼ばれています。
2017年からは、毎年テーマを決めて公募団体で活躍する現代作家を紹介する「上野アーティストプロジェクト」シリーズを展開。
第3弾となる今年は、「子どもへのまなざし」をテーマに開催します。
現在、美術公募団体に所属する若手からベテランまでの6名の作家の作品を通じ、描かれた子どもに仮託される多層的なイメージを紹介します。

 

詳しくは公式HPへ https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_uenoartistproject.html

 

松本力「記しを憶う」-東京都写真美術館コレクションを中心に @ 東京都美術館
11月 16 2019 – 1月 5 2020 全日
松本力「記しを憶う」-東京都写真美術館コレクションを中心に @ 東京都美術館

東京都美術館では松本力「記しを憶う」-東京都写真美術館コレクションを中心に(会期:2019年11月16日(土)~2020年1月5日(日))を開催します。

 

松本力(1967~)は、絵かき・アニメーション作家として、国内外で活躍している作家です。
トレースしないで、1コマずつドローイングを描き、透過光を加えてビデオ撮影した映像作品を制作。
映像のインスタレーションとして、立体作品、音声によるライブパフォーマンス、手製の映像装置を用いた独自のワークショップを学校や美術館、滞在する各地域で開催しています。

今回の展示は、東京都写真美術館で所蔵する作品を新たなインスタレーションと共にご覧いただけるものです。

 

 

詳しくは公式HPへ https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_uenoartistproject.html

 

1月
15
日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和 @ 東京国立博物館
1月 15 – 3月 8 全日
日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和 @ 東京国立博物館

東京国立博物館では、2020年1月15日(水)~3月8日(日)まで、日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和を開催しています。
オリンピックイヤーの今年・令和2年(2020)は、日本書紀が編纂されてから1300年の記念すべき年でもあります。
この展覧会は、その年を記念して、出雲大社のご神宝や青銅器、三角緑神獣鏡、大和の地でひっそりと守り伝えられてきた最古級の石仏を展示するものです。
 
詳しくは公式HPへ https://izumo-yamato2020.jp/

 

1月
21
ハマスホイとデンマーク絵画 @ 東京都美術館
1月 21 – 3月 26 全日
ハマスホイとデンマーク絵画 @ 東京都美術館

東京都美術館では、2020年1月21日(火)~3月26日(木)の期間、ハマスホイとデンマーク絵画を開催しています。
19世紀末のデンマーク絵画を代表する画家の1人、ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916年)。
19世紀の身近な人物の肖像、風景、そして静まりかえった室内を描く、ハマスホイは、 “北欧のフェルメール” とも呼ばれています。
この展覧会では、ハマスホイの作品を中心に、その周辺の北欧芸術作品を紹介するものです。
 
詳しくは公式HPへhttps://www.tobikan.jp/exhibition/2019_hammershoi.html
 

6月
5
『時』展覧会2020 
6月 5 – 7月 12 全日
『時』展覧会2020 

国立科学博物館では、2020年6 月5 日(金)から2020年7 月12日(日)までの期間、「時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020」を開催します。

6月10日は「時の記念日」です。
1920(大正9)年5月から7月にかけて、国立科学博物館の前身である東京教育博物館で、当時、時間をあまり気にしていなかった庶民に時間厳守を促すため、時間をテーマにした「時」展覧会が開催されました。この展覧会が大人気になったことがきっかけになり「時の記念日」が誕生しました。
2020 年は「時の記念日」100 周年にあたります。
展覧会では、当時を振り返るとともに、今日まで続く日本の時計技術の歩みと「時」に関する最新の研究を紹介し、私たちに身近な「時」について改めて考える機会をご提供します。

詳しくは、公式HPへ

https://www.kahaku.go.jp/event/2020/05time/

 

 

6月
18
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」 @ 国立西洋美術館
6月 18 – 10月 18 全日
「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」 @ 国立西洋美術館

国立西洋美術館では、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を開催します。(会期:2020年6月18日(木)~10月18日(日))を開催します。

英国が誇る世界屈指の「美の殿堂」、ロンドン・ナショナル・ギャラリー。「西洋絵画の教科書」ともいえる質の高い西洋絵画のコレクションで多くの人々を魅了してきた同館ですが、これまでまとまった数の作品を貸し出すことには慎重で、英国外で所蔵作品展が開かれたことは一度もありません。

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」は、その200年の歴史の中で初となる、館外における大規模な所蔵作品展。イタリア・ルネサンスからポスト印象派にいたる選りすぐりの傑作61点を通じ、英国とヨーロッパの相互関係の歴史を紐解きながら西洋絵画史を俯瞰します。

 

詳しくは公式HPへhttps://artexhibition.jp/london2020/

 

7月
23
The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション @ 東京都美術館
7月 23 – 9月 22 全日
The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション @ 東京都美術館

東京都美術館では、7月23日(木・祝)から(~9月22日(火・祝)までの期間、「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」が開催されます。 (※前期・後期で作品の入れ替えあり)

本展覧会は、日本の三大浮世絵コレクションといっても過言ではない、太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団に所蔵される浮世絵の名品が集結し、選りすぐりの約450点の浮世絵版画のすぐれた名品を前期・後期にわたり展示するものです。
江戸時代の庶民に愛好された、日本を代表する芸術の一ジャンル、浮世絵の魅力を存分に楽しむことができます。

詳しくは、公式HPへ https://ukiyoe2020.exhn.jp

 

上野の森美術館所蔵作品展 なんでもない日ばんざい! @ 上野の森美術館
7月 23 – 8月 30 全日
上野の森美術館所蔵作品展 なんでもない日ばんざい! @ 上野の森美術館

上野の森美術館では、7月23日(木・祝)~8月30日(日)までの期間、上野の森美術館所蔵作品展「なんでもない日ばんざい!」を開催します。

なんでもない、どこにでもある日常」をテーマに、コロナ禍で、私たちの行動に様々な制限が強いられる中、こんな時期だからこそ見てみたいという作品を約80点展示します。

詳しくは、公式HPへ 
http://www.ueno-mori.org/specials/2020/nandemonaihi/

 

特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」 @ 東京藝術大学大学美術館
7月 23 – 9月 6 全日
特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」 @ 東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館では、7月23 日(木・祝)から9月6日(日)の期間、特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」を開催します。
本展では、特定の文化や既存の美術、流行、専門教育などに影響されることなく、自身の芸術的な衝動に忠実に、ただひたすら自由に独自の世界を創造し続ける表現活動を行っているアーティストの作品にスポットを当てます。
詳しくは、公式HPへ  https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

Top