イベント情報



1
「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」 @ 国立西洋美術館
10月 21 2017 – 1月 28 2018 全日
「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」 @ 国立西洋美術館
          2017年10月21日(土)から2018年1月28日(日)まで、『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』 が国立西洋美術館にて開催されます。 19世紀後半、日本美術に魅了された西洋の美術家や建築、音楽、文学などに携わる人々が生み出した新しい創造活動を「ジャポニスム」と呼びます。その中で特に注目され、西洋の人々に繰り返し語られた存在が、天才浮世絵師・葛飾北斎です。 北斎の絵画は印象派の画家をはじめとして欧米全域にわたり、絵画のみならず彫刻や装飾工芸など、あらゆる分野に影響を及ぼしました。今日では「HOKUSAI」の名は世界中に知れわたり、例えば代表作である「富嶽三十六景」の《神奈川沖浪裏》《凱風快晴》の複製は、今や世界のどこでも目にすることができます。 本展では、国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをはじめ西洋芸術の名作約200点と、北斎の錦絵約30点、版本約60冊の計90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を出品。西洋近代芸術の展開を”北斎とジャポニスム”という新たな観点から編みなおします。   開催概要はこちら: https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/14381
「古代アンデス文明展」
「古代アンデス文明展」 @ 国立科学博物館
10月 21 2017 – 1月 28 2018 全日
「古代アンデス文明展」 @ 国立科学博物館
              《金の合金製のシカン神の仮面》 シカン文化(紀元800年頃から1375年頃) ペルー文化省・国立シカン博物館所蔵 巨大で不可思議な地上絵。天空の聖殿マチュピチュ。スペイン人による征服まで旧大陸との接触がなかったアンデス地域では、その特殊な自然環境の中で、他に類を見ない独自の文化を築き上げてきました。   本展覧会は、1994年「黄金の都シカン発掘展」以来、その魅力と個性を紹介してきた「TBSアンデス・プロジェクト」の集大成となるものです。約200点の貴重な資料により、この地に勃興した9つの文化の盛衰を描き、アンデス文明固有の特徴と本質を明らかにします。 詳細はこちら: https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2017/andes/
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 @ 東京都美術館
10月 24 2017 – 1月 8 2018 全日
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 @ 東京都美術館
          フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(渓斎英泉による)》1887年、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵    ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)   2017年10月24日(火)から2018年1月8日(月・祝)まで、『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』が東京都美術館にて開催されます。 1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホは、1886年にパリに移り、この地でさまざま刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索していきます。そこで大きな役割を果たしたものが、日本の浮世絵でした。ファン・ゴッホは浮世絵版画を収集し、それを模写した油彩画を描き、構図や色彩を学び取っていきます。 さらにファン・ゴッホは、浮世絵をはじめとする美術作品や日本を紹介した文章を咀嚼しながら、独自の日本のイメージを醸成していきます。1888年には、芸術家たちの共同体を作ろうと南仏のアルルへ赴きました。大いなる期待を胸に訪れたこの地を、彼はしばしば日本と重ね合わせています。 ファン・ゴッホにとって日本は、創意の源であり、夢にまで見た理想郷だったのです。 この展覧会では、ファン・ゴッホと日本との相互の関係に2部構成でスポットをあてます。 開催概要はこちら: https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/12819
上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」
上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」 @ 東京都美術館
11月 17 2017 – 1月 6 2018 全日
上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」 @ 東京都美術館
            2017年11月17日(金)から2018年1月6日(土)まで、上野アーティストプロジェクト「現代の写実―映像を超えて」が東京都美術館にて開催されます。 上野アーティストプロジェクトとは、東京都美術館の学芸員が毎年テーマを決め、公募団体で活躍している現代作家を紹介するための展覧会です。美術と書を隔年で取り上げ、優れた現代作家を若い世代を中心に、その年のテーマに沿って選定し、紹介します。第1回展となる本展のテーマは「現代の写実―映像を超えて」。映像情報がめまぐるしく飛び交う現代で、絵画でしかできない「現代の写実」を真摯に追及している 9 人の画家たちを紹介します。 彼らは、それぞれどのようなリアリティを表現しようとしているのでしょうか? 開催概要はこちら: https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/17378
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
企画展 「南方熊楠-100 年早かった智の人-」
企画展 「南方熊楠-100 年早かった智の人-」 @ 国立科学博物館
12月 19 2017 – 3月 4 2018 全日
企画展 「南方熊楠-100 年早かった智の人-」 @ 国立科学博物館
            2017年12月19日(火)から2018年3月4日(日)の期間、国立科学博物館では、南方熊楠生誕150周年記念企画展「南方熊楠-100年早かった智の人-」が開催されます。 南方熊楠は、″隠花植物″全般に多数の資料を収集した、在野のナチュラリストです。本展では、熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)を展示。また、新たに発見された菌類図譜も本邦初公開し、″熊楠の頭の中をのぞく旅″に誘います。 開催概要はこちら: https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/20893
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Top