Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

6月
11
国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」 @ 国立西洋美術館
6月 11 – 9月 23 全日
国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」 @ 国立西洋美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ《アルルの寝室》1889年 油彩・カンヴァス オルセー美術館

 
東京国立博物館 平成館では、2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)の期間、国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」が開催されます。

日本の芸術家、人々のために美術館を作りたい-

そんな一人の実業家の思いから生まれた「松方コレクション」。

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い求めます。当時の収集品はモネやゴーガン、ゴッホから中世の板絵やタペストリーまで多様な時代・ジャンルからなり、その規模は1万点にもおよびました。

 

しかしその後松方コレクションはロンドンの倉庫火災で消失したもの、フランス政府に接収されたものなど、さまざまに流転の運命をたどります。この松方コレクションにとって「安住の地」となったのが、1959年にわが国に誕生した国立西洋美術館でした。

開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホの《アルルの寝室》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、松方コレクションの流浪の軌跡をたどります。

 
詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/31006
 

6月
18
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち @ 国立西洋美術館
6月 18 – 9月 23 全日
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち @ 国立西洋美術館

国立西洋美術館では2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)の期間、「モダン・ウーマン展」が開催されます。

 

日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した本展は、独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家たちに焦点を当てる、日本で初めての試みです。この展覧会は、フィンランド国立アテネウム美術館の企画によって欧米3都市で開催された国際巡回展をベースに、日本オリジナルの内容に再構成したものです。同美術館のコレクションから、近年世界的にも注目を集めるヘレン・シャルフベック(1862-1946)や、パリでロダンに学び、彼の代表作《カレーの市民》の助手も務めた彫刻家シーグリッド・アフ・フォルセルス(1860-1935)ら7人の女性芸術家を一堂に紹介します。絵画、彫刻、素描、版画など約90点の作品を通して、生涯にわたり独自の芸術表現を追い求めた、彼女たちの多彩な活動と功績を是非ご覧ください。

開催概要はこちら

 


10月
19
日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルグ展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 @ 国立西洋美術館
10月 19 2019 – 1月 26 2020 全日
日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルグ展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 @ 国立西洋美術館

国立西洋美術館では、「日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルグ展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」を開催します。(会期:2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日))を開催します。

広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど、ヨーロッパの歴史の表舞台で常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られています。その主要部分は、現在ウィーン美術史美術館に所蔵されていますが、オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションをご紹介します。
詳しくは公式HPへ:https://habsburg2019.jp/
Top