Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

3月
21
特別展「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」 @ 国立科学博物館
3月 21 – 6月 16 全日
特別展「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」 @ 国立科学博物館

国立科学博物館では2019年3月21日(木・祝)から2019年6月16日(日)の期間、特別展「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」を開催します。
 
大好評を博した2010年の「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」から9年、剥製や骨格標本500点以上に最新映像を交え、さらにスケールアップして開催されます。
 
今回の「大哺乳類展2」のテーマは、「みんなの生き残り作戦」
現在、地球上のほとんどの環境に適応して繁栄している哺乳類ですが、その生態は非常に多様で驚きに満ちています。
本展では、哺乳類が獲得した特徴的な能力であるロコモーション(移動運動)を軸に、「食べる」「産む・育てる」ための作戦を、驚きの仕掛けや最新の研究成果とともに紹介します。
 
開催概要はこちら
 

4月
9
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」 @ 国立科学博物館
4月 9 – 6月 16 全日
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」 @ 国立科学博物館

国立科学博物館では、2019年4月9日(火)~6月16日(日)の期間、国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」を開催します。

人やものを飾るだけではなく、さまざまな目的のために、多様な素材を使って作られてきたビーズ(Beads)。私たちは、およそ10万年もの間、何のために、どのような素材や技術を用いてビーズを作ってきたのでしょうか。

民博と科博。それぞれの専門分野である民族学、自然科学の視点からビーズを眺め、双方の知見を合わせることで、ビーズと人類とのかかわり方を紹介します。

開催概要はこちら

 


4月
13
100年前の東京と自然-プラントハンター ウィルソンの写真から- @ 国立科学博物館
4月 13 – 6月 16 全日
100年前の東京と自然-プラントハンター ウィルソンの写真から- @ 国立科学博物館

「もし写真や標本で記録を残さなかったならば、100年後にはその多くは消えてなくなってしまうだろう。」
(1920年 アーネスト・ヘンリー・ウィルソン)

 

屋久島にある巨大な切り株(ウィルソン株)にその名を残す英国人アーネスト・ヘンリー・ウィルソンは、アジアで主に活動したプラントハンターとして知られる植物学者です。日本には大正初期の1914年から1919年の間に訪れ、サクラやツツジを欧米に紹介し、日本の植物学の発展にも貢献しました。同時に、日本国内で撮影した多数の写真も残していました。ウィルソンの写真から、100年を経て劇的に変わった風景と、対照的にいまなお命をつなぐ樹木の姿が浮かびます。

 

開催概要はこちら

4月
23
クリムト展 ウィーンと日本 1900
4月 23 – 7月 10 全日
クリムト展 ウィーンと日本 1900

東京都美術館では2019年4月23日(火)~7月10日(水)の期間、「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が開催されます。

 

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇ります。没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、日本では過去最多となる25点以上の油彩画を紹介します。ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現展示のほか、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせ、ウィーン世紀末美術の精華をご覧ください。

 

開催概要はこちら

6月
11
国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」 @ 国立西洋美術館
6月 11 – 9月 23 全日
国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」 @ 国立西洋美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ《アルルの寝室》1889年 油彩・カンヴァス オルセー美術館

 
東京国立博物館 平成館では、2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)の期間、国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」が開催されます。

日本の芸術家、人々のために美術館を作りたい-

そんな一人の実業家の思いから生まれた「松方コレクション」。

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い求めます。当時の収集品はモネやゴーガン、ゴッホから中世の板絵やタペストリーまで多様な時代・ジャンルからなり、その規模は1万点にもおよびました。

 

しかしその後松方コレクションはロンドンの倉庫火災で消失したもの、フランス政府に接収されたものなど、さまざまに流転の運命をたどります。この松方コレクションにとって「安住の地」となったのが、1959年にわが国に誕生した国立西洋美術館でした。

開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホの《アルルの寝室》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、松方コレクションの流浪の軌跡をたどります。

 
詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/31006
 

6月
18
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち @ 国立西洋美術館
6月 18 – 9月 23 全日
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち @ 国立西洋美術館

国立西洋美術館では2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)の期間、「モダン・ウーマン展」が開催されます。

 

日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した本展は、独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家たちに焦点を当てる、日本で初めての試みです。この展覧会は、フィンランド国立アテネウム美術館の企画によって欧米3都市で開催された国際巡回展をベースに、日本オリジナルの内容に再構成したものです。同美術館のコレクションから、近年世界的にも注目を集めるヘレン・シャルフベック(1862-1946)や、パリでロダンに学び、彼の代表作《カレーの市民》の助手も務めた彫刻家シーグリッド・アフ・フォルセルス(1860-1935)ら7人の女性芸術家を一堂に紹介します。絵画、彫刻、素描、版画など約90点の作品を通して、生涯にわたり独自の芸術表現を追い求めた、彼女たちの多彩な活動と功績を是非ご覧ください。

開催概要はこちら

 


7月
9
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 @ 東京国立博物館 平成館
7月 9 – 9月 16 全日
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 @ 東京国立博物館 平成館
NHK「人形劇 三国志」より曹操 飯田市川本喜八郎人形美術館蔵 ©有限会社川本プロダクション

 
東京国立博物館 平成館では、2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)の期間、日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」が開催されます。
 

本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によってひも解きます。
2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出ました。そうして魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉(ご)の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなりました。
 
近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など空前の活況を呈しています。それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。2019年、三国志の”新時代”が始まります。
 

詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/30641
 

7月
13
恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019
7月 13 – 10月 14 全日

国立科学博物館では2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)の期間、「恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019」が開催されます。

日本の恐竜研究史上、最大の発見 むかわ竜
全身の約80%が残る前代未聞の完成度!
北海道で見つかった全長8mを超える全身骨格化石を世界初公開

※展覧会での全身骨格の公開は世界初

写真上:デイノケイルス前あし(展示は複製)、写真下:「むかわ竜」全身実物化石
  ※展覧会での全身骨格公開は世界初
© Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences 北海道むかわ町穂別産 むかわ町穂別博物館所蔵

開催概要はこちら


7月
20
「伊庭靖子展 まなざしのあわい」 @ 東京都美術館
7月 20 – 10月 9 全日
「伊庭靖子展 まなざしのあわい」 @ 東京都美術館

東京都美術館では「伊庭靖子展 まなざしのあわい」(会期:2019年7月20日(土)~10月9日(水))を開催します。
 
画家の眼とモティーフのあわいにある世界に魅せられた伊庭靖子(1967-)は、触れたくなるようなモティーフの質感やそれがまとう光を描くことで、その景色を表現し続けてきました。自ら撮影した写真をもとに制作するスタイルは変わりませんが、近年、それまで接近していたモティーフとの距離が少しずつ広がってきました。空間や風景といったものへの関心が高まり、まわりの風景が広がることで、伊庭の絵画は新たな展開を見せています。
 
本展覧会では、東京都美術館で撮影した写真をもとにした絵画をはじめ、版画、さらに新たな試みとして映像作品を発表する予定です。伊庭の個展は、2009年の「伊庭靖子――まばゆさの在処――」(神奈川県立近代美術館)以来、美術館では10年ぶりの開催となります。近作・新作を中心に紹介しながら、そこに至る以前の作品も併せて展示することで、この10年の変化とともに伊庭靖子の変わらない関心の核に迫ります。
 
詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/31049
 

Top