Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

10月
21
「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」 @ 国立西洋美術館
10月 21 2017 – 1月 28 2018 全日
「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」 @ 国立西洋美術館

 

 

 

 

 

2017年10月21日(土)から2018年1月28日(日)まで、『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』 が国立西洋美術館にて開催されます。

19世紀後半、日本美術に魅了された西洋の美術家や建築、音楽、文学などに携わる人々が生み出した新しい創造活動を「ジャポニスム」と呼びます。その中で特に注目され、西洋の人々に繰り返し語られた存在が、天才浮世絵師・葛飾北斎です。

北斎の絵画は印象派の画家をはじめとして欧米全域にわたり、絵画のみならず彫刻や装飾工芸など、あらゆる分野に影響を及ぼしました。今日では「HOKUSAI」の名は世界中に知れわたり、例えば代表作である「富嶽三十六景」の《神奈川沖浪裏》《凱風快晴》の複製は、今や世界のどこでも目にすることができます。

本展では、国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをはじめ西洋芸術の名作約200点と、北斎の錦絵約30点、版本約60冊の計90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を出品。西洋近代芸術の展開を”北斎とジャポニスム”という新たな観点から編みなおします。

 

開催概要はこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/14381

2月
24
「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」 @ 国立西洋美術館
2月 24 – 5月 27 全日
「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」 @ 国立西洋美術館

 

 

 

 

 

 

ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》
1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵 © Museo Nacional del Prado

 
2018年2月24日(土)から5月27日(日)にかけて国立西洋美術館では「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」が開催されます。

世界屈指の「美の殿堂」と称えられるプラド美術館。本展覧会は、西洋美術史上最大の画家の一人、ディエゴ・ベラスケスの作品7点を主軸に、プラド美術館の至宝70点を展示します。

17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションをお楽しみいただけます。


記者発表会レポートはこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/18393
 
内覧会レポート・開催概要はこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/23149

「マーグ画廊と20世紀の画家たち―美術雑誌『デリエール・ル・ミロワール』を中心に」 @ 国立西洋美術館 版画素描展示室
2月 24 – 5月 27 全日
「マーグ画廊と20世紀の画家たち―美術雑誌『デリエール・ル・ミロワール』を中心に」 @ 国立西洋美術館 版画素描展示室

 

 

 

 

 

 
国立西洋美術館 常設展内 版画素描展示室では、2018年2月24日(土)より、「マーグ画廊と20世紀の画家たち―美術雑誌『デリエール・ル・ミロワール』を中心に」が開催されます。

 
マーグ画廊は、戦後フランスの美術を牽引した有数の大画廊。エメ・マーグとその妻マルグリットによって、第二次世界大戦終結直後の1945年に設立されました。
 
さらに、戦前には小さな版画工房を営んでいたエメ・マーグは、マーグ画廊で開催される展覧会のカタログとして、美術雑誌『デリエール・ル・ミロワール』を刊行。
 
本展では、『デリエール・ル・ミロワール』に登場するマーグ画廊とゆかりの深い画家たち6人が取り上げられ、新しい芸術表現を目指した20世紀美術の世界が紹介されます。

 
開催概要はこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/22729

4月
11
第三十九回 上野東照宮 春のぼたん祭 @ 上野東照宮 ぼたん苑
4月 11 – 5月 13 全日
第三十九回 上野東照宮 春のぼたん祭 @ 上野東照宮 ぼたん苑 | 台東区 | 東京都 | 日本

 

 

 

 

 

 
上野東照宮のぼたん苑では、2018年4月11日(水)~5月13日(日)の間、春のぼたん祭が開催されます。

1980年に日中友好を記念に開苑し、江戸の風情を今に残す上野東照宮。

ボタンの花は「富貴」の象徴とされ、「富貴花」「百花の王」などと呼ばれます。期間中、日本、中国、アメリカ、フランスなど110種600株以上のボタンが咲き誇ります。

開催概要はこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/23739

6月
19
「ミケランジェロと理想の身体」 @ 国立西洋美術館
6月 19 – 9月 24 全日
「ミケランジェロと理想の身体」 @ 国立西洋美術館

 

 

 

 

 

 

《若き洗礼者ヨハネ》 ミケランジェロ・ブオナローティ 1495-1496年
ウベダ、エル・サルバドル聖堂/ハエン(スペイン)、メディナセリ公爵家財団法人蔵 高さ130cm 大理石 
Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén(Spain), Fundacion Casa Ducal de Medinaceli / Su concessione del Ministero per i Beni e le Attività Culturali e del Turismo – Opificio delle Pietre Dure di Firenze

 
国立西洋美術館では、2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)の期間、「ミケランジェロと理想の身体」が開催されます。

本展は、古代とルネサンスの美術をいくつかの観点で比較します。年齢の異なる身体、相貌の表現、アスリートと戦士、神々と英雄。こうした比較により、両時代の特徴をあきらかにします。


開催概要はこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/24506

10月
16
「ルーベンス展-バロックの誕生」 @ 国立西洋美術館
10月 16 2018 – 1月 20 2019 全日
「ルーベンス展-バロックの誕生」 @ 国立西洋美術館
《パエトンの墜落》ペーテル・パウル・ルーベンス 1604/05年 油彩/カンヴァス
ワシントン、ナショナル・ギャラリー Courtesy National Gallery of Art, Washington

 
国立西洋美術館では、2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)の期間、「ルーベンス展-バロックの誕生」を開催します。
 
開催概要はこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/24701
 

2月
19
世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 @ 国立西洋美術館
2月 19 – 5月 19 全日
世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 @ 国立西洋美術館

「ヴォワザン計画」図面の前のル・コルビュジエ 1926年 ©FLC  撮影:今井兼次

国立西洋美術館では、2019年2月19日(火)~5月19日(日)の期間、世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」を開催します。

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催される本展は、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。

本展はル・コルビュジエと同時代の作家たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるでしょう。

詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/28636


6月
11
国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」 @ 国立西洋美術館
6月 11 – 9月 23 全日
国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」 @ 国立西洋美術館
フィンセント・ファン・ゴッホ《アルルの寝室》1889年 油彩・カンヴァス オルセー美術館

 
東京国立博物館 平成館では、2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)の期間、国立西洋美術館開館60周年記念「松方コレクション展」が開催されます。

日本の芸術家、人々のために美術館を作りたい-

そんな一人の実業家の思いから生まれた「松方コレクション」。

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い求めます。当時の収集品はモネやゴーガン、ゴッホから中世の板絵やタペストリーまで多様な時代・ジャンルからなり、その規模は1万点にもおよびました。

 

しかしその後松方コレクションはロンドンの倉庫火災で消失したもの、フランス政府に接収されたものなど、さまざまに流転の運命をたどります。この松方コレクションにとって「安住の地」となったのが、1959年にわが国に誕生した国立西洋美術館でした。

開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホの《アルルの寝室》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、松方コレクションの流浪の軌跡をたどります。

 
詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/31006
 

6月
18
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち @ 国立西洋美術館
6月 18 – 9月 23 全日
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち @ 国立西洋美術館

国立西洋美術館では2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)の期間、「モダン・ウーマン展」が開催されます。

 

日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した本展は、独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家たちに焦点を当てる、日本で初めての試みです。この展覧会は、フィンランド国立アテネウム美術館の企画によって欧米3都市で開催された国際巡回展をベースに、日本オリジナルの内容に再構成したものです。同美術館のコレクションから、近年世界的にも注目を集めるヘレン・シャルフベック(1862-1946)や、パリでロダンに学び、彼の代表作《カレーの市民》の助手も務めた彫刻家シーグリッド・アフ・フォルセルス(1860-1935)ら7人の女性芸術家を一堂に紹介します。絵画、彫刻、素描、版画など約90点の作品を通して、生涯にわたり独自の芸術表現を追い求めた、彼女たちの多彩な活動と功績を是非ご覧ください。

開催概要はこちら

 


10月
19
日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルグ展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 @ 国立西洋美術館
10月 19 2019 – 1月 26 2020 全日
日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルグ展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 @ 国立西洋美術館

国立西洋美術館では、「日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルグ展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」を開催します。(会期:2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日))を開催します。

広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど、ヨーロッパの歴史の表舞台で常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られています。その主要部分は、現在ウィーン美術史美術館に所蔵されていますが、オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションをご紹介します。
詳しくは公式HPへ:https://habsburg2019.jp/
Top