イベント情報

10月
2
特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」 @ 東京国立博物館 平成館
10月 2 – 12月 9 全日

 

 
東京国立博物館 平成館では2018年10月2日(火)~12月9日(日) の期間、東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」を開催します。

マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家です。
 
この展覧会は2部構成で、第1部「デュシャン 人と作品」では、フィラデルフィア美術館所蔵の世界に冠たるデュシャン・コレクションより、油彩画、レディ・メイド、関連資料・写真など、計150余点によって、彼の創作活動の足跡をご覧になれます。
 
第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」展は、東京国立博物館の日本美術コレクションで構成、もともと西洋とは異なった社会環境のなかで作られた日本の美術の意味や、価値観を浮かび上がらせ、日本の美の楽しみ方を新たに提案しようとするものです。デュシャンの作品を日本美術と比べて展示するという、世界ではじめての試みです。
 



《泉》の横に座るデュシャン 撮影者不明 1965年 Philadelphia Museum of Art, Library and Archives: Gift of Jacqueline, Paul and Peter Matisse in memory of their mother Alexina Duchamp
 

伝千利休作《竹一重切花入 銘 園城寺》安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵 松平直亮氏寄贈


 

本阿弥光悦作 《国宝 舟橋蒔絵硯箱》 江戸時代・17 世紀 東京国立博物館蔵


 
開催概要はこちら:
https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/26601

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」 @ 東京国立博物館 平成館
10月 2 – 12月 9 全日

東京国立博物館 平成館では、2018年10月2日(火)~12月9日(日)の期間、特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」を開催します。
 
千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺(だいほうおんじ)は、鎌倉時代の1220年(承久2年)に、義空(ぎくう)上人が開創した古刹です。人々の協力を得ながら、次第に寺観が整えられ、その後は天皇からお墨付きを得た御願寺として認定され、高い格式を誇りました。

大報恩寺 外観


 
 
本尊は、快慶の一番弟子、行快(ぎょうかい)が制作した「釈迦如来坐像」で、行快の代表作の一つです。「釈迦如来坐像」に侍り立つのは、あまたの釈迦の弟子から選りすぐられた10人の僧侶の像。この「十大弟子立像」は、快慶の最晩年の作として知られています。またこのほかに、運慶晩年の弟子・肥後定慶(ひごじょうけい)による「六観音菩薩像(ろくかんのんぼさつぞう)」がそろって残されているのも、稀有なことといえるでしょう。
 
本展覧会では、これらの大報恩寺に伝わる「慶派」の名品の数々が紹介されます。運慶同時代の快慶、そして運慶次世代の名匠による鎌倉彫刻の競演を楽しめます。
 
開催概要はこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/27084
 

10月
30
日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画「中国近代絵画の巨匠 斉白石」 @ 東京国立博物館 東洋館
10月 30 – 12月 25 全日
日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画「中国近代絵画の巨匠 斉白石」 @ 東京国立博物館 東洋館

菊花群鶏図 斉白石筆 北京画院蔵 後期展示
 
国立東京博物館 東洋館では、2018年10月30日(火)~12月25日(火)の期間、日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画「中国近代絵画の巨匠 斉白石」を開催します。
 
開催概要はこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/27264
 

Top