Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

1
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 @ 東京国立博物館 平成館
7月 9 – 9月 16 全日
日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 @ 東京国立博物館 平成館
NHK「人形劇 三国志」より曹操 飯田市川本喜八郎人形美術館蔵 ©有限会社川本プロダクション   東京国立博物館 平成館では、2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)の期間、日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」が開催されます。   本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によってひも解きます。 2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出ました。そうして魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉(ご)の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなりました。   近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など空前の活況を呈しています。それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。2019年、三国志の”新時代”が始まります。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/30641  
「伊庭靖子展 まなざしのあわい」
「伊庭靖子展 まなざしのあわい」 @ 東京都美術館
7月 20 – 10月 9 全日
「伊庭靖子展 まなざしのあわい」 @ 東京都美術館
東京都美術館では「伊庭靖子展 まなざしのあわい」(会期:2019年7月20日(土)~10月9日(水))を開催します。   画家の眼とモティーフのあわいにある世界に魅せられた伊庭靖子(1967-)は、触れたくなるようなモティーフの質感やそれがまとう光を描くことで、その景色を表現し続けてきました。自ら撮影した写真をもとに制作するスタイルは変わりませんが、近年、それまで接近していたモティーフとの距離が少しずつ広がってきました。空間や風景といったものへの関心が高まり、まわりの風景が広がることで、伊庭の絵画は新たな展開を見せています。   本展覧会では、東京都美術館で撮影した写真をもとにした絵画をはじめ、版画、さらに新たな試みとして映像作品を発表する予定です。伊庭の個展は、2009年の「伊庭靖子――まばゆさの在処――」(神奈川県立近代美術館)以来、美術館では10年ぶりの開催となります。近作・新作を中心に紹介しながら、そこに至る以前の作品も併せて展示することで、この10年の変化とともに伊庭靖子の変わらない関心の核に迫ります。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/31049  
2
3
4
5
6
7
8
9
10
「コート―ルド美術館展」魅惑の印象派
「コート―ルド美術館展」魅惑の印象派 @ 東京都美術館
9月 10 – 12月 15 全日
「コート―ルド美術館展」魅惑の印象派 @ 東京都美術館
東京都美術館では「コート―ルド美術館展」(会期:2019年9月10日(火)~12月15日(日))を開催します。 ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設です。本展覧会では、その研究機関としての側面にも注目し、画家の語った言葉や同時代の状況、制作の背景、科学調査により明らかになった制作の過程なども紹介し、作品を読み解いていきます。 詳しくは公式HPへhttps://courtauld.jp/    
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Top