Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

1
「ルーベンス展-バロックの誕生」
「ルーベンス展-バロックの誕生」 @ 国立西洋美術館
10月 16 2018 – 1月 20 2019 全日
「ルーベンス展-バロックの誕生」 @ 国立西洋美術館
《パエトンの墜落》ペーテル・パウル・ルーベンス 1604/05年 油彩/カンヴァス ワシントン、ナショナル・ギャラリー Courtesy National Gallery of Art, Washington   国立西洋美術館では、2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)の期間、「ルーベンス展-バロックの誕生」を開催します。   開催概要はこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/24701  
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」 @ 東京国立博物館 平成館
1月 16 – 2月 24 全日
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」 @ 東京国立博物館 平成館
祭姪文稿(部分) 顔真卿筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵   東京国立博物館 平成館(上野公園)は、来年2019年1月16日(水)~2月24日(日)の期間、特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」を開催します。   中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達しました。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南、欧陽詢、褚遂良(ぐせいなん、おうようじゅん、ちょすいりょう)ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させました。   そして顔真卿(がんしんけい、709–785)は三大家の伝統を継承しながら、顔法と称される特異な筆法を創出します。王羲之や初唐の三大家とは異なる美意識のもとにつちかわれた顔真卿の書は、後世にきわめて大きな影響を与えました。   本展は、書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、顔真卿の人物や書の本質に迫ります。また、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証します。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/26319  
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Top