Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

3
全日
世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 @ 国立西洋美術館
世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 @ 国立西洋美術館
5月 3 全日
世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 @ 国立西洋美術館
「ヴォワザン計画」図面の前のル・コルビュジエ 1926年 ©FLC   国立西洋美術館では、2019年2月19日(火)~5月19日(日)の期間、世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」を開催します。   20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催される本展は、若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。   本展はル・コルビュジエと同時代の作家たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されます。ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるでしょう。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/28636    
特別展「 美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」 @ 東京国立博物館
特別展「 美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」 @ 東京国立博物館
5月 3 全日
特別展「 美を紡ぐ  日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」 @ 東京国立博物館
東京国立博物館は特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、 北斎まで―」を2019年 5月 3日(金・祝 )~ 6月 2日( 日)の期間に開催することを発表しました。   本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』-皇室の至宝・国宝プロジェクトー」の一環として開催するもので、主催の東京国立博物館、文化庁が、宮内庁三の丸尚蔵館の協力を得て、日本美術の名品を選りすぐり紹介するものです。   狩野永徳筆で、皇室ゆかりの名品である「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の名品で国宝の「檜図屏風」を、会期前半と後半に分けてそれぞれ公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会となります。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/28715  
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
Top