Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イベント情報

1
特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」
特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」 @ 東京国立博物館 平成館
3月 26 – 6月 2 全日
特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」 @ 東京国立博物館 平成館
国宝 兜跋毘沙門天立像 中国 唐時代・8世紀 東寺蔵   東京国立博物館 平成館では、2019年3月26日(火)~6月2日(日)の期間、特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」が開催されます。   平安京遷都に伴って創建された東寺。都に建立を許されたのは、東寺と西寺のみでした。その後、東寺は唐から新しい仏教である密教を学んで帰国した空海(弘法大師)に委ねられます。   真言密教の根本道場となった東寺には密教にまつわる美術品が数多く収められており、現在まで保管されてきました。   2023年、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/27707  
2
3
特別展「 美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」
特別展「 美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」 @ 東京国立博物館
5月 3 – 6月 2 全日
特別展「 美を紡ぐ  日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」 @ 東京国立博物館
東京国立博物館は特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、 北斎まで―」を2019年 5月 3日(金・祝 )~ 6月 2日( 日)の期間に開催することを発表しました。   本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』-皇室の至宝・国宝プロジェクトー」の一環として開催するもので、主催の東京国立博物館、文化庁が、宮内庁三の丸尚蔵館の協力を得て、日本美術の名品を選りすぐり紹介するものです。   狩野永徳筆で、皇室ゆかりの名品である「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の名品で国宝の「檜図屏風」を、会期前半と後半に分けてそれぞれ公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会となります。   詳しくはこちら:https://home.ueno.kokosil.net/ja/archives/28715  
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Top