【上野の森美術館】「ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵」、6月に開催

《相対性》 1953年

 
上野の森美術館では、2018年6月6日(水)~7月29日(日)の期間、「ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵」が開催されます。

 
実際にありそうで現実には存在し得ない風景や、ひとつの絵の中に重力が異なる世界が存在するなど「ありえない世界」を描く、マウリッツ・コルネリス・エッシャー。その独創的な世界は、クリエイターだけではなく、数学者や建築家など幅広い専門家達にインスピレーションを与えてきました。
 
本展覧会では、代表的な”トロンプ・ルイユ(だまし絵)”の作品に加え、初期の作品や木版、直筆のドローイングなど約150点を紹介。8つの観点からエッシャーの作品に迫ります。

 

展示構成

 

1. エッシャーと『科学』

 
エッシャーの版画では、モティーフが循環したり、タイル状に埋め尽くされるなど、幾何学的な表現が用いられています。エッシャーはこれらの表現を生み出すために、同時代の科学から着想を受け、独自の数学的な理論を発展させました。
 

《対照(秩序と混沌》 1950年



《メビウスの輪Ⅰ》 1961年


 

2. エッシャーと『聖書』

 
この章では、若いエッシャーが描いたキリスト教主題の版画が紹介されます。旧約聖書創世記を扱った連作には、19 世紀後半から 20 世紀初頭にヨーロッパで流行したアール・デコ様式からの影響を見ることができます。

 

3. エッシャーと『風景』

 
エッシャーが描く不可思議な印象のイメージは、彼の風景体験が源泉となっています。アルハンブラ宮殿での幾何学な装飾模様との出会いは、パターン化されたモティーフ表現の原点となり、地中海の風景版画は、のちに登場する視覚的な実験を先取りしたものになりました。
 

《カストロヴァルヴァ、アブルッツィ地方》 1930年

《アマルフィ海岸》 1934年


 

4. エッシャーと『人物』

 
初期のエッシャーは、単身の人物表現にも取り組んでいました。この章では、家族や近しい人々のほか、自分自身の姿をモティーフとした作品が紹介されます。
 

《椅子に座っている自画像》 1920年

 

5. エッシャーと『広告』

 
エッシャーの造形は商業デザインにも登場します。この章では、商用として利用されたイメージとともに、エッシャーらしさが凝縮された小さなグリーティングカードも紹介されます。
 

《オランダ蔵書票協会(ハーグ)のための年賀状(グリーティングカード)》 1946年

 

6. エッシャーと『技法』

 
エッシャーは様々な版画技法に取り組み、その技法を発展させることで不可思議な空間を作り出しました。この章では、多種多様な作例、マテリアルとともにエッシャーの版画技法が紹介されます。
 

《トンボ》 1936年

《眼》 1946年


 

7. エッシャーと『反射』

 
エッシャーの作り出す不可思議な世界の特徴の一つが、鏡面のイメージです。エッシャーは現実世界にあるモティーフと、仮想世界としての鏡像の共存するイメージを描くことに夢中になっていました。
 

《球面鏡のある静物》 1934年

 

8. エッシャーと『錯視』

 
エッシャー芸術を代表する要素が、実現不可能な建築表現や、永遠に変化し続けるパターンを描いたイメージなどの「ありえない世界」です。この独創的な表現は、当時の数学者が発表した不可能な図形に着想を得たものもあり、エッシャーが長年にわたり独自発展させた理論が形になっています。
 

《滝》 1961年

 

すべてAll M.C. Escher works copyright © The M.C. Escher Company B.V. – Baarn-Holland. All rights reserved. www.mcescher.com

 

開催概要

 

展覧会名 生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

会場 上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2

会期 2018年6月6日(水)~7月29日(日)
※会期中無休

開館時間 10:00~17:00
※毎週金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金 一般:1,600円(1,400円)、大学・高校生:1,200円(1,000円)、中学・小学生:600円(500円)
※()内は前売及び団体料金

URL http://www.escher.jp/


Top