【国立科学博物館】企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」開催決定!

写真提供:国立科学博物館

 
国立科学博物館では、2018年4月20日(金)~6月17日(日)の期間、企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」が開催されます。

 

・大発見が相次ぐ沖縄の旧石器時代研究!



 
日本の人類史でもっとも古く、もっとも長く、もっとも謎に包まれている旧石器時代。そのころの日本列島に暮らした人々は、どのような姿をして、どのように暮らしていたのでしょうか。
 
彼らの生前の姿を現代に伝えてくれる旧石器時代人骨の大半は、沖縄で発見されています。しかし、沖縄では石器などの道具が見つからず、彼らの暮らしぶりは長い間、謎とされてきました。
 
そんな沖縄で、近年、世界最古の釣り針や旬のカニを味わうユニークな暮らしぶり、そして石垣島からの全身にわたる新たな旧石器人骨など、旧石器時代の大発見が沖縄の各地で相次いでいます。本企画展では、そんな熱気あふれる沖縄旧石器時代研究の最新情報が紹介されます。
 

世界最古の釣り針(沖縄県立博物館・美術館 所蔵)写真提供:国立科学博物館


 

日本最古の全身骨(沖縄県立埋蔵文化財センター 所蔵)写真提供:国立科学博物館

 

・展示紹介

 
1. 沖縄の環境
沖縄は、どのようにして今の姿になったのでしょうか。地形を形づくる岩石を見て、その成り立ちを考えてみましょう。
 
2. 島に生きるユニークな動物たち
ヤンバルクイナなどよく知られた動物から、あまり知られていない絶滅動物まで、亜熱帯の森林にすむ多くの固有動物たちが紹介されます。
 
3. 旧石器人の渡来
豊かな自然が広がる沖縄に、旧石器時代に初めてヒトが渡ってきました。1960年代から続けられる沖縄旧石器時代の研究成果の数々を概観します。
 
4. 見えてきた旧石器人の暮らし
サキタリ洞で発見された世界最古の釣り針や、山ほどのカニの殻を調べてわかった旧石器人の暮らしとは…!?
 
5. 新たな人骨発見
石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡で発見された旧石器人骨は、私たちにどんなことを教えてくれるのか、期待がふくらみます!
 
6. まだまだ熱い!沖縄旧石器時代研究
今も沖縄各地で続けられる発掘調査は、これからどんな発見をもたらしてくれるのでしょうか。今後に期待したくなる発見の一部を、ご覧ください!
 

旧石器人(港川人)復元模型(沖縄県立博物館・美術館 所蔵)写真提供:国立科学博物館

 

・開催概要

 

展覧会名 企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」

会場 国立科学博物館 日本館 1 階企画展示室
東京都台東区上野公園 7-20

会期 2018年4月20日(金)~6月17日(日)

開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)

入館料 常設展示入館料のみでご覧いただけます。
(一般・大学生:620 円 高校生以下および65歳以上無料)

休館日 毎週月曜日
(4月30日(月)、6月11日(月)は開館)

URL https://www.kahaku.go.jp/event/2018/04okinawa/

Top