トーハク×びじゅチューン!「なりきり日本美術館」開催、親子向け体験型展示!

東京国立博物館では、2018年7月24日(火)~9月9日(日)の期間、「びじゅチューン!」とのコラボレーションによる参加・体験型展示「なりきり日本美術館」を開催します。
 
「びじゅチューン!」は、アーティストの井上涼さんが作詞・作曲・歌・アニメーションを手がけるNHK Eテレの番組。豊かで自由な想像力で美術の楽しみを広げ、多くの子どもたちから支持を得ています。
 
キーワードは「なりきり」。作品に登場する人物や描いた人になりきって、作品の背後にある物語や風景、そこに描かれた人々の暮らしを体感。自由な想像力で美術作品に親しみ、鑑賞を深める展覧会となります。会場では、「びじゅチューン!」で取り上げられた、東京国立博物館所蔵品から5点を選び、高精細画像を用いた精巧な複製や映像などを使い、多彩なアプローチで「なりきり」体験をデザインします。

 

展示紹介

 

・体感! ザパーン ドプーン 北斎

 
葛飾北斎の浮世絵「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」の波はどのくらい大きかったのか? リアルサイズで体験する大型映像展示です。



ザパーンドプーン北斎会場イメージ

「びじゅチューン!」では、富士山に恋する波が、自分をアピールするために高く伸びあがるストーリーが描かれました。本展示作品では、井上涼さんが注目した、どこまでも伸び上がる波に焦点をあて、その大きさと構図の見事さを体感することができます。
 
高さ約7.5メートルの特大スクリーンに、画中の人物が原寸大になるように「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」を拡大映像化。絵のなかの人物になりきってみると、大きな波が大迫力で迫ってくるはずです。さらに、声の大きさで波がどんどん大きくなるインタラクティブな仕掛けによって、波の大きさを実感できます。

 

・見返らなくてもほぼ美人

 
菱川師宣の「見返り美人図」。美人はなぜ振り返っているのか? 前後のストーリーを想像しながら自分だけのポーズをきめてみる、インタラクティブ映像による体験展示です。

見返らなくてもほぼ美人 会場イメージ

「びじゅチューン!」では、恋する男性をチラチラ振り返って見ていたらぐるぐる回ってドリルになってしまった見返り美人。彼女はなぜ振り返っているのか? 見返り美人になりきって、その場面を想像しながら、ポーズを決めてみましょう。
 
来場者の顔や手足の位置をセンサーが感知し、その人の動きにあわせて画面の中の美人がポーズをとります。絵に描かれた瞬間の前後のストーリーを想像すると、登場人物がぐっと身近に感じられるはずです。

 

・顔パフォーマー麗子

 
岸田劉生の「麗子微笑」でデジタル顔はめ! 謎の少女「麗子」のキモチを考える体験展示です。

顔パフォーマー麗子 会場イメージ

「びじゅチューン!」では悪夢をみかんの香りで撃退する麗子。謎めいた微笑を浮かべる麗子は、見る人によってさまざまな物語をはらんでいそうです。この展示では、「デジタル顔はめ」で麗子になりきり、セリフやト書きでそのキモチを表現し、自分だけの「麗子像」をつくります。自由な発想で、登場人物の背後にある物語を想像する体験です。

 

・トーハクから子どもたちへ ほんものとの出会いをプレゼント

 
本館展示室、平成館特別展会場には「びじゅチューン!」で取り上げられた作品が展示されます。子どもたちに、「ほんもの」の作品にふれ、自分なりの発想で見る喜びを感じてもらうことを目的としています。
(特記されていない場合は会期中全期間展示されます)

冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏 葛飾北斎筆 江戸時代19世紀 東京国立博物館蔵 展示期間:7月24日~8月19日

重要文化財 麗子微笑 岸田劉生筆 大正10年(1921) 東京国立博物館蔵 展示期間:7月24日~9月9日

 
総合文化展
<本館18室>

  • 「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」 葛飾北斎筆 7月24 日(火)~8月19日(日)
  • 「名所江戸百景・大はしあたけの夕立」 歌川広重筆 8 月 21 日(火)~9 月 9 日(日)
  • 重要文化財「麗子微笑」 岸田劉生筆

 
<本館1室>
火焰型土器 伝新潟県長岡市馬高出土
 
<本館9室>
重要文化財 能面 小面 「出目満昆」焼印 8 月 21 日(火)~10 月 14 日(日)
 
特別展「縄文」
平成館 7月3日(火)~9月2日(日)

  • 国宝 中空土偶 北海道函館市著保内野(ちょぼないの)遺跡出土 函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管)
  • 国宝 火焰型土器 新潟県十日町市笹山遺跡出土 十日町博物館蔵(十日町博物館保管)

 

開催概要

 

展覧会名 親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館

会期 2018年7月24日(火)~9月9日(日)

会場 東京国立博物館 本館
特別4室・特別5室

開館時間 9:30~17:00
(金曜・土曜は~21:00、日曜は~18:00)
※入館は閉館の30分前まで。

休館日 月曜
※8月13日(月)は開館

観覧料 一般 620円(520円)/大学生 410円(310 円)
※( )内は 20 名以上の団体料金
※高校生以下および満 18歳未満、満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください
※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した方(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください
※平成館にて同時期に開催の特別展「縄文」(7月3日(火)~9月2日(日))は別料金。ただし中学生以下は無料

URL 東京国育立博物館ウェブサイト
http://www.tnm.jp/

びじゅチューン!ウェブサイト
http://www.nhk.or.jp/bijutune/

Top