国立科学博物館 2018年9月4日(火)~企画展「標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-」開催

国立科学博物館では、2018年9月4日(火)~11月25日(日)の期間、企画展「標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-」を開催します。
 



伝インカ帝国のミイラ 画像提供:国立科学博物館


 
博物館が収集した自然物や科学技術の産物などの「モノ」は、自然物は「標本化」という手順を、科学技術資料は整理や修復などの手順を経てはじめて、標本や資料として研究・展示に活用され、長期保管が可能となります。本企画展では、標本とは何か?に始まり、あまり知られていない標本づくりの「技(ワザ)」を、動物・植物・地学・人類・理工学の5 研究部ごとに紹介します。
 
標本づくりの技を習得した者はまさに職人と呼ぶに相応しく、職人たちと標本づくりの質が標本の生命を左右します。職人たちによって作られた数々の標本に加え、標本づくりの技や道具類も数多く展示します。標本づくりの作業現場も再現。まるで博物館のバックヤードにいるような臨場感を楽しめます。
 
本企画展は、『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載中の博物館マンガ『へんなものみっけ!』とコラボをしています。作者の早良朋さんは、当館で実際に標本を作っていた経歴をもち、当館がマンガの制作に協力しています。展示室内では、5 研究部ごとにマンガのイラストを展示します。
 

腊葉標本作製の様子 画像提供:国立科学博物館


 

ナウマンゾウ下顎骨実物化石 画像提供:国立科学博物館


 

ゴマフアザラシ 剥製 画像提供:国立科学博物館


 

展覧会概要

 

展覧会名 企画展「標本づくりの技(ワザ)-職人たちが支える科博-」

会 期 2018年9月4日(火)~11月25日(日)

会場 国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)日本館1階企画展示室

開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで)

休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、火曜日休館。ただし10月1日(月)は開館)

観覧料 常設展示入館料のみで観覧できます。
(一般・大学生:620円 高校生以下および65歳以上無料)

問合せ先 国立科学博物館 事業推進部 企画展示課 担当:松澤裕子
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
TEL:03-5814-9883
FAX:03-5814-9898
E-mail: kikakuten@kahaku.go.jp

国立科学博物館公式HP http://www.kahaku.go.jp/

 

Top