東京国立博物館 特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」見どころを紹介

東京国立博物館では、2018年10月2日(火)~12月9日(日)の期間、特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」を開催します。
 

開催趣旨

千本釈迦堂の名で親しまれる京都の大報恩寺(だいほうおんじ)は、鎌倉時代の1220年(承久2年)に、義空(ぎくう)上人が開創した古刹です。人々の協力を得ながら、次第に寺観が整えられ、その後は天皇からお墨付きを得た御願寺として認定され、高い格式を誇りました。



大報恩寺 外観


 
 
本尊は、快慶の一番弟子、行快(ぎょうかい)が制作した「釈迦如来坐像」で、行快の代表作の一つです。「釈迦如来坐像」に侍り立つのは、あまたの釈迦の弟子から選りすぐられた10人の僧侶の像。この「十大弟子立像」は、快慶の最晩年の作として知られています。またこのほかに、運慶晩年の弟子・肥後定慶(ひごじょうけい)による「六観音菩薩像(ろくかんのんぼさつぞう)」がそろって残されているのも、稀有なことといえるでしょう。
 
本展覧会では、これらの大報恩寺に伝わる「慶派」の名品の数々が紹介されます。運慶同時代の快慶、そして運慶次世代の名匠による鎌倉彫刻の競演を楽しめます。
 

見どころ1 “慶派スーパースター”快慶、定慶、行快の名品がずらり!

千本釈迦堂・大報恩寺は、鎌倉彫刻の宝庫として広く親しまれています。本展では、2020年に開創800年を迎えることを記念し、同寺が誇る慶派仏師の名品が一堂に公開されます。
 

見どころ2 寺外初公開の秘仏「釈迦如来坐像」と、快慶晩年の名品「十大弟子立像」を特別に同じ空間で展示!

大報恩寺の本尊で、同寺でも年に数回しか公開されない「釈迦如来坐像」(重要文化財)は、快慶の弟子・行快が残した数少ない貴重な仏像の一つです。

重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵


 
 
そして、快慶が晩年に手がけた名品「十大弟子立像」(重要文化財)は、現在は同寺の霊宝殿に安置されていますが、当初は本堂にあり、本尊の「釈迦如来坐像」を囲むように安置されていました。

重要文化財「須菩提立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵


 
 
本展では、釈迦とその10人の弟子を、当初の本堂での安置状態を考慮して、特別に同じ展示空間で観覧できます。
 

見どころ3 史上初!重要文化財「六観音菩薩像」の光背を会期後半に外し、背中を間近で観覧できます!

運慶の弟子・肥後定慶作「六観音菩薩像」は、重要文化財に指定される唯一の六観音像です。台座も光背も造像当初のものを残し、その背面の隅々まで、精緻に彫られています。
 

重要文化財「十一面観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵


 
 
本展では、「六観音菩薩像」を360度観覧できるだけではなく、会期前半(~10月28日)は光背をつけた本来の姿で、会期後半(10月30日~)には光背を取り外した姿で、その美しい背中まで間近に目にすることができます。
 
会期前半と後半で、仏像の違う表情、魅力を堪能していただけます。
 

展覧会概要

 

展覧会名 特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

会 期 2018年10月2日(火)~12月9日(日)

会場 東京国立博物館(台東区上野公園13-9) 平成館 特別第3・4室

開館時間 9:30~17:00
※金曜・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日
※ただし10月8日(月・祝)は開館、10月9日(火)は休館

観覧料 一般  当日1400円 前売1200円 団体1200円
大学生 当日1000円 前売 800円 団体 800円
高校生 当日 800円 前売 600円 団体 600円
※中学生以下無料
※団体は20名以上
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などを要提示)
※前売券は、2018年10月1日(月)まで、東京国立博物館 正門チケット売場(窓口、開館日のみ)、展覧会公式サイトほか、主要プレイガイドにて販売。

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

展覧会公式サイト https://artexhibition.jp/kaikei-jokei2018/

 

Top