箱根・ポーラ美術館「Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-」サウンドプロジェクト2.0 点音の森の宇宙 体験レポート

ポーラ美術館(神奈川県、箱根町)で現在展示中の「増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-“」。アーティストの増田セバスチャン氏がポーラ美術館が所蔵するクロード・モネの《睡蓮の池》にインスピレーションを受けて制作した大型インスタレーションです。
 
11月15日からは音楽家の松本淳一氏とコラボレーションした、「音の点描」を体感できるサウンド・インスタレーションが加わりました。

 
公開初日に見学会に参加しましたので、その様子をお伝えします。
 


 


左・音楽家の松本淳一氏 右・アーティストの増田セバスチャン氏


 
フランス出身の印象派の画家・モネの連作「睡蓮」は世界的に最も有名な絵画のひとつです。その連作のうち《睡蓮の池》はここ箱根のポーラ美術館に所蔵されています。
 
「睡蓮」は点描により描かれていることが大きな特徴ですが、増田氏は世界中から集めた2トンのマテリアルをもって、その点描という手法にオマージュを捧げながらも新しい世界を作り上げました。
 
展示タイトルの“Point-Rhythm ”(ポイントリズム)は、点描表現という意味の「ポインティリズム(pointillism)」と「リズム(rhythm)」をかけて命名されたものです。
 
そして、今回新たに加わったのが音によって点描を表したサウンド・インスタレーションです。
 

展示室外のクリスマスツリーにも増田氏が世界中から集めたマテリアルが使用されている。


 
今回の見学会ではインスタレーションの制作者・増田セバスチャン氏、音楽を担当された松本淳一氏のお二人から作品の解説をしていただきました。
 

インスタレーションの前で。小部屋に入ると奥に太鼓橋、蓮、池とモネの《睡蓮の池》を彷彿とさせる装置設定。展示品は増田氏により2トン分のマテリアルを用いて制作された。


 
増田氏「モネの作品を近くで見ると、印象派の柔らかいイメージとは裏腹に、その筆致が以外にも荒々しいことに気がつきます。彼の作品で描かれているのはただの風景ではなく、彼の心に現れた風景だと感じました。今回インスタレーションを制作するにあたって、モネの作品そのままを再現するのではなく、モネの心の風景をお客様に感じていただけるように意識しました。また、地球は宇宙から見ると青く美しいけれど、地上に降りて見ると様々な人種・個性の人間が存在していることがわかります。インスタレーションも様々な質感や色彩のマテリアルで制作しています。ぜひ近くに寄ってご覧ください。」
 
そして今回、その世界観をさらに広げるため、増田氏は「音」に着目しました。
 
以前から増田氏と親交があった株式会社NHKエンタープライズと音楽家・松本淳一氏をコラボレーション相手に迎えて「音の点描」の制作を依頼しました。松本氏は、展示のキーとなる「点描」を「音のVR」とも呼ばれるソニー・デジタル エンタテイメントの最新音響技術で表現しています。
 
松本氏「地球に点在して生きるわたしたちひとりひとりには記憶が宿っています。増田さんの制作したインスタレーションには様々なマテリアルが使用されていますが、そのひとつひとつにも記憶があると感じました。その記憶を持つマテリアルを音に変換し、記憶を伴った音を無数に空間にちりばめ、展示室を訪れる方の記憶を呼び覚ますことができたらと思いました。増田さんのマテリアルを使用したアナログな世界観に合わせて、電子音はほとんど使用していません。今回作曲した【点音(てんね)の森の宇宙】という楽曲は15分ありますが、どこから聞いても楽しんでいただけると思います。」
 
展示室に一歩足を踏み入れると、そこにはまさに小宇宙が広がっているかのよう。15分の間、視覚と聴覚に強く訴えかけられ、次第に自分がどこで何をしているのかの意識が薄れて小宇宙に溶けこんでいくかのような感覚を味わいました。
 
展示を体験した後にモネの《睡蓮の池》を観てみると、また違ったものが得られるはずです。《睡蓮の池》は本展開催期間を通して、「ルドン ひらかれた夢」展に展示されています。
 
「Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-」 サウンドプロジェクト2.0 点音の森の宇宙 は2018年11/15(木)~12/2(日)の期間、 ポーラ美術館で開催されています。箱根に足を延ばしてモネの小宇宙を体験してみてはいかがでしょうか?
 

ポーラ美術館概要

 

開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日 無休(展示替えのための臨時休館あり)

所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

TEL 0460‐84‐2111

入館料 大人 1,800円/大学生・高校生 1,300円/ 中学生・小学生(土曜日無料)700円

公式サイト http://www.polamuseum.or.jp/

Top