Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Calendar

1
長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや
長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや @ 上野の森美術館
9月 10 – 11月 6 全日
長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや @ 上野の森美術館 | 台東区 | 東京都 | 日本
先進国が投棄した廃棄物でアートを作り、ガーナのスラム街を救う 唯一無二の美術家 長坂真護、初の美術館での個展 開催決定! 2009年に自ら経営する会社が倒産したことを契機に路上の絵描きになった長坂真護は、2017年6月に単身で、”世界最大級の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシーを訪問します。そこで、日本を含む先進国が捨てた電子機器を必死に燃やしながら、1日わずか500円の日当で生きる若者たちと出会います。目の当たりにしたのは、大量のガスを吸い、癌などの病に蝕まれ、30代でこの世を去る人も多い彼らの姿。そこで長坂は、アートの力を使って「我々の豊かな生活は、このスラム街の人々の犠牲のもとに成り立っている」という不条理な現状を先進国に伝えることを決意します。 帰国後、現地から持ち帰った廃棄物で作品を制作し、2017年11月に再びガーナを訪問。その際、ガスの脅威から彼らを守るためにガスマスクを届け、これまで計1,000個以上のガスマスクを売上の一部を使って届けています。そして、2018年3月に銀座で開催した個展で1枚の作品が高値で購入されます。以降、長坂は「サステナブル・キャピタリズム(持続可能な資本主義)」を提唱し、スラム街に集積した廃棄物を自身のアート作品へと昇華し、その売上を現地の人々へと還元する活動を続けています。 現在長坂のその持続可能な社会を目指した創作活動は、各方面から注目をあびています。 2030年までに資金を集め、現地にリサイクル工場を建設、新たな産業と雇用を生み出すことを目標に掲げる長坂の目標は、ゴミからアートが作れなくなる状態にすること。 本展は、自身初となる美術館での個展開催となり、美術家・長坂真護がアートでサステナブルな世界を目指す足跡と共に、電子機器廃棄物を使用した作品のほか、世界平和への願いを込めたさまざまな作品を展覧します。 (公式サイトより引用) 内覧会レポート⇒ スラム街に愛を。人類に花束を。【上野の森美術館】「長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや」(~11/6)内覧会レポート   開催概要 会期: 9月10日 (土) 〜 11月6日 (日) 会場:上野の森美術館 開館時間:開館時間:10:00~17:00 ※最終入館は閉館30分前まで ※会期中は休館日なし 観覧料: 一般1,400円、高・大・専門学校生1,000円 、中・小学生600円 ※未就学児は入場無料。 ※小学生以下は、保護者同伴でのご入場をお願いします。 ※学生券でご入場の場合は、学生証の提示をお願いいたします。(小学生は除く) ※障がい者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、愛の手帳、被爆者健康手帳)をお持ちの方は、ご本人と付き添いの方1名様まで入館無料となります。ご来館の際、会場入口スタッフへお声がけください。 主催:フジテレビジョン、上野の森美術館 問い合わせ先: 050-5541-8600 (ハローダイヤル 全日9:00~20:00) 展覧会HP:https://www.mago-exhibit.jp  
「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」
「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」 @ 国立西洋美術館
10月 8 2022 – 1月 22 2023 全日
「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」 @ 国立西洋美術館 | 台東区 | 東京都 | 日本
  まだ見たことのないピカソ、35点が日本初公開。 ドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューン(1914-2007年)は、1948年からパリで画廊を経営しながら自分自身のために作品を集め、世界有数の個人コレクションを作りあげました。彼のコレクションは1996年以後、生まれ故郷であるベルリンのシャルロッテンブルク宮殿に面した建物の中で公開され、2000年には主要作品をドイツ政府が購入、2004年にはベルクグリューン美術館と改称しました。ベルリン国立美術館群ナショナルギャラリーに属し、数々の展覧会を開催し世界的な評価を得る美術館です。 ベルクグリューンは晩年まで作品の購入と放出を繰返し、コレクションに際立った特色を持たせるよう努めました。最終的には、彼が最も敬愛した同時代の4人の芸術家たち、パブロ・ピカソ、パウル・クレー、アンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティの作品に重点が置かれています。この4人に彼らが共通して師と仰いだモダンアートの祖、ポール・セザンヌも加えた、粒選りの作品からなるコレクションは、創造性と生命力にあふれた20世紀の巨匠たちの芸術を堪能させてくれます。ベルクグリューン美術館の改修を機に実現した今回の展覧会は、この個性的で傑出したコレクションから精選した97点の作品に、日本の国立美術館の所蔵・寄託作品11点を加えた合計108点で構成されます。 ベルクグリューン美術館の設立後、館外でまとめてコレクションを紹介する展覧会は今回が初めてで、97点のうち76点が日本初公開です。 (公式HPより引用)   内覧会レポート 20世紀美術の神髄が、今ここに。【国立西洋美術館】「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」内覧会レポート(~2023/1/22)   「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」開催概要 会期:2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日) 会場:国立西洋美術館(東京・上野公園) 開館時間:午前9時30分~午後5時30分(金・土曜日は午後8時まで) ※入館は閉館の30分前まで 休館日:月曜日、10月11日(火)、12月30日(金)~2023年1月1日(日)、1月10日(火) ※ただし、10月10日(月・祝)、2023年1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)は開館 主催:国立西洋美術館、ベルリン国立ベルクグリューン美術館、東京新聞、TBS、共同通信社 後援:ドイツ連邦共和国大使館、ゲーテ・インスティトゥート東京 協賛:DNP大日本印刷、あいおいニッセイ同和損保 協力:日本航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ヤマト運輸、西洋美術振興財団 お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル) 公式サイト:https://www.nmwa.go.jp
東京国立博物館開館150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」
東京国立博物館開館150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」 @ 東京国立博物館 平成館
10月 18 – 12月 11 全日
東京国立博物館開館150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」 @ 東京国立博物館 平成館 | 台東区 | 東京都 | 日本
  東京国立博物館(東博)は、令和4年(2022)、創立150年を迎えました。 明治5年(1872)の発足以来、日本でもっとも長い歴史をもつ博物館として、かけがえのない文化財の保存と公開という命題を両立させながら、日本の文化を未来へ、そして世界へ伝えていく役割を果たしてきました。 本展は、この大きな節目を記念して開催するものです。 150年の間に積み重ねられた約12万件という膨大な所蔵品の中から、国宝89件すべてを含む名品と、明治から令和にいたる150年の歩みを物語る関連資料を通して、東京国立博物館の全貌を紹介します。 展示は2部構成で、計150件を展示します。 東京国立博物館にはじめて来館される方には新発見の場として、親しいリピーターの方には再発見の場として、魅力的な展示内容と展覧会場を創出します。(展覧会公式サイトより) 展覧会公式サイト⇒https://tohaku150th.jp 報道内覧会レポート⇒【会場レポ】特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」がついに開幕!国宝89件が全公開、三日月宗近など19の刀剣が揃う「国宝刀剣の間」も 展覧会名:東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」 会期:2022年10月18日(火)~12月11日(日) 会場:東京国立博物館 平成館 主催:東京国立博物館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション、独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁 協賛:JR東日本、大伸社、大和ハウス工業、横河電機、横河ブリッジホールディングス お問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)  
特別展「毒」
特別展「毒」 @ 国立科学博物館
11月 1 2022 – 2月 19 2023 全日
  「毒はコワい…」でも、だから興味をそそる! 実は、この世界は「毒」だらけ。もちろん我々の近くにも…。 「毒」の世界へようこそ! 「毒」は基本的にヒトを含む生物に害を与える物質として理解されています。しかし、毒のなかには単に毒にとどまらず、薬効をもつものもあります。「生物に何らかの作用を与える物質」のうち、人間にプラスに働くものを薬、マイナスに働くものを毒と呼んで、多様で複雑な自然界を理解し、利用するために人間が作り出した概念と考えることができます。人体に有用なものでも、取りすぎると毒になることがあります。また、アレルギー反応にみられるように、感受性の高低によっても毒性は異なります。 本展では動物、植物、菌類、そして鉱物や人工毒など、自然界のあらゆるところに存在する毒について、動物学、植物学、地学、人類学、理工学の各研究分野のスペシャリストが徹底的に掘り下げ、国立科学博物館ならではの視点で解説していきます。毒をテーマにした特別展は、国立科学博物館では初めての開催となります。 自然界、そして人間の社会にはさまざまな毒が存在します。毒とそれに関わる生物との関係を知ることは、自然界の神秘と驚きに満ちた一面を知ると共に、現代社会を生きるうえで大きな助けとなると考えています。 (展覧会公式HPより引用)     展覧会名:特別展「毒」 会期:2022年11月1日(火)~2023年2月19日(日) 会場:国立科学博物館(東京・上野公園) 開館時間:9時~17時(入場は16時30分まで) 休館日:月曜日、12月28日(水)~1月1日(日・祝)、1月10日(火) ※ただし1月2日(月・休)、 9日(月・祝)、2月13日(月)は開館。 ※会期等は変更になる場合がございます。 入場料(税込):【一般・大学生】2,000円 【小・中・高校生】600円 ※未就学児は無料です。日時指定予約は必要となりますのでご注意ください。 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。日時指定予約は必要となりますのでご注意ください。主催: 主催:国立科学博物館/読売新聞社/フジテレビジョン お問い合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル) 展覧会公式HP:https://www.dokuten.jp/
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Top