Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Ueno News

【取材レポート】現代の書の面白さはここで知る!「読み、味わう現代の書」が東京都美術館で開催中(2021/1/7まで)

【取材レポート】現代の書の面白さはここで知る!「読み、味わう現代の書」が東京都美術館で開催中(2021/1/7まで)

  東京・上野にある東京都美術館では、2020年11月18日(水)~2021年1月7日(木)の期間、上野アーティストプロジェクト2020「読み、味わう現代の書」が開催中です。   この記事では、“誰でも「書」の作品を読み、味わいながら鑑賞できる展覧会” をコンセプトにした本展の展示内容や見どころ、同時開催中(※~12月28日に会期変更)の「読み、味わう昭和の書」についても紹介していきます。           書の鑑賞初心者でも楽しめる!大ベテラン作家たちの鍛え抜かれた表現を堪能   美術全般が好きだけれど、「書」って読みにくいし、いまいち面白みがわからない……と敬遠してしまう方、意外と多いのではないでしょうか。 展覧会をご案内いただいた東京都美術館学芸員・田村さんによれば、今回の「読み、味わう現代の書」は、そんな書道に「よくわからない、親しみづらい」と感じている人でも楽しめるように企画したとのこと。   “現代書道界の顔”の名品が集結!代表作から2020年の新作まで     本展は、公募団体に所属する作家をテーマごとに紹介・その魅力を発信する取り組み「上野アーティストプロジェクト」の第4弾。書の公募展で「近代詩文書(漢字かな交じりの書のこと)」や「かな」の作品を発表してきた、現代の書道界を代表するベテラン作家、 ・榎倉香邨(えのくら こうそん)さん ・岡美知子さん ・小山やす子さん ・中野北溟(なかの ほくめい)さん ・村上翠亭(むらかみ すいてい)さん 以上5名の代表作や今年の新作まで、30点以上が展示されています。   作家選出の理由として、田村さんは「新型コロナウイルスの影響で、多くの人がつらい毎日を余儀なくされています。そんな中でも美術館に来てくださる方々には、本当に良いものをご覧いただきたいと考え、超ベテランの先生方の作品を集め、夢の競演を実現しました」と話します。 小山さんは昨年、村上さんは2018年に惜しまれつつ逝去されましたが、榎倉さん・中野さんは今年で97歳、岡さんは88歳とご高齢ながら現役で活動を続けられています。 「ただ作品にパワーがあるからという理由だけでなく、いくつになっても新しい展開に取り組まれ、第一線で素晴らしいお仕事を継続されているそのお姿に、私たちも励まされ、元気をいただけるのではないでしょうか」と田村さんは続けます。 けして押しつけがましくなく、けれど見る者を作品世界に引き込むパワーに満ちた優れた書が並ぶ本展。書の楽しみを知りたいという方にとっては、最高の入門編となるかもしれません。   釈文つきで書の知識がない方も安心   書の鑑賞に慣れていない方へのサポートツールとして、「釈文(しゃくもん)」が来場者全員に配られます。 釈文は、くずし字や異体字を読みやすく活字に書き起こしたもの。釈文と作品を照らし合わせてみると、ただのうねうねした線としか認識できなかった書体もある程度、文字として判別できるように! 筆者も大いに鑑賞の助けとさせていただきました。ぜひ釈文片手に会場を巡ってみてください。     「読み、味わう現代の書」の展示作品を紹介   それでは「読み、味わう現代の書」の展示内容を見ていきましょう。順路の流れで注目作品をピックアップしてご紹介していきます。   ◆中野北溟(1923~)   長年にわたり北海道で創作活動を続けられている中野北溟さんは、近代詩文の分野で独自の書風を確立しています。厳しく書法の鍛錬を重ねたうえで、あえて自由な筆づかいでのびのびと書かれた文字が、中野さんの書の大きな魅力。 今年制作された《はれやか》も、清々しさとおおらかさに満ちています。ぜひ筆跡を一度宙でなぞってみてください。まるで風を受けて空に舞い上がるような心地よさを覚えるのではないでしょうか。 コロナ時代を生きる人々への励ましの言葉ともとれ、どこか心が安らぎます。     ”宇宙”や”海”といった壮大なモチーフを扱うことも多い中野さん。この《流氷の詩》をはじめ、モチーフにふさわしいダイナミックな作品も得意とされています。 人の囲った枠の中には納まらない、真冬の流氷の圧倒的な存在感や威圧感。淡墨が広くにじんでいるさまは、溶ける氷の姿を表しているのでしょうか。目の前で氷が砕けたかのように放射状にのびる飛沫からは、荒々しさの中に一瞬を閉じ込めた美が光ります。   ◆村上翠亭(1928~2018)     村上翠亭さんの書の面白さといえば、なんといってもその多彩な書風といっていいでしょう。 上の写真は、16mほどもある折帖の裏表に75枚の書を貼り付けた《翠亭躁恣冊》の一部分。 『徒然草』や松尾芭蕉、小林一茶から聖書まで、時代も国も問わない詩や句が題材に選ばれていますが、平安朝の古筆のような書風もあれば、現代的で自由な書風もあり……。とても一人で書き上げたとは思えない、表現の引き出しの多さに驚かされます。     《ガラス戸》は、ガラスに指で落書きする様子を詠んだ子どもの詩を題材にしている作品です。オバQらしきキャラクターが描かれていたり、「し」が鏡文字になっていたり。まるで本当に子どもが書いたかのような演出も盛り込まれた、微笑ましさたっぷりの村上さんの代表作の一つです。   ◆岡美知子(1932~)     万葉仮名で作品を制作する岡美知子さんの書の中でもユニークなのは、本展のために書き下ろされた、万葉仮名に対応する平仮名を同じ書の中に認めている作品。 たとえば《大友旅人の歌(万葉集)》は、濃墨・万葉仮名で書かれた「和可則能尓……」に、淡墨・平仮名で「わがそのに……」と読みが重ね書きされています。 一歩間違えれば画面がごちゃつきそうですが、空間を開けて・狭めての絶妙な緩急でとられたバランスが、むしろ作品にすっきりとした印象をもたせるから不思議なもの。 万葉仮名から平仮名が生まれる時間の推移を表すように、濃墨から淡墨へ変化させているのか。平仮名は漢字の影であるという演出なのか。想像がさまざまにかき立てられます。   ◆小山やす子(1924~2019)   書の分野で女性初の文化功労者に選出された小山やす子さんの展示作品は、ただただ圧巻の一言。 六曲一双で仕立てられた《伊勢物語屏風》は小山さんの代表作。梅の幹や藍をふんだんに使い特別に誂えた最高品質の料紙に、箔や砂子を豪華に撒いて描かれた下絵は、離れて見ると風景が浮かび上がるように仕立てられています。 小山さんの書は平安朝の伝統的なかな表現の美しさに、現代的感性をプラスした華やかさに魅力がありますが、料紙の良さを生かしつつ、いかに自らの書もベストな状態で読めるよう配置するかという工夫も見どころです。特に、左隻に描かれた巨大な月の上で織りなされる書の配置の妙は、驚くほど瀟洒ではないでしょうか。     《三十六人家集屏風》は、料紙として色とりどりの継紙(色や質感が違う複数の紙を一枚に貼り合わせたもの)が使われています。 貼り交ぜられた流麗なかな書は、一枚一枚が鑑賞に十分堪えうる完成度というのも贅沢な使い方。カラフルな継紙の図柄が目を引きますが、その中であえて色が入っている部分だけに文字を書いたり、逆に白い部分だけに書いたりと変化させる工夫にも注目してみてください。 屏風に散らされた料紙の中で、かなが散らし書きされているという二重構造もポイントでしょう。屛風の中で繰り広げられる多彩な響き合いが、一つの作品として見事な調和をつくり、無二の美しさを生み出しています。   ◆榎倉香邨(1923~)   榎倉香邨さんの書には、省略された筆線や、文字を文字として成立させるギリギリまでデフォルメされた字形が多く登場します。 若山牧水の短歌を題材にした《炎》はそれが顕著。激しく横にひしゃげた文字がある一方で、縦にぐっと引き伸ばされたもの、極限まで簡略化されたものなど、線の表情の豊かさに引き込まれます。筆線が針のように、もしくは刃物のように細く鋭いのも面白いところ。 抽象化により生まれた緩急は、ともすれば間延びした印象を作品に持たせる可能性もありそうですが……。本作は最後の「今」という一字に至るまで変わらず(むしろ「今」こそが最も)、緊張感を帯びて精彩を放っている点にも惹きつけられます。       連動企画・東京都美術館コレクション展「読み、味わう昭和の書」も開催中(※本展のみ~12/28に会期変更)   最後に、近代詩文書を提唱した金子鷗亭をはじめ、森田安次や青木香流、徳野大空といった昭和を代表する作家の書が鑑賞できる「読み、味わう昭和の書」の展示作品もいくつかご紹介します。             「読み、味わう現代の書」の開催は、2021年1月7日までと残りわずか。 もともと書が好きだという方はもちろんですが、書の楽しさを知りたい方、そして本当に良い作品にまずは触れてみたいという書のビギナーも、この機会を逃さずぜひ足を運んでみてください。     上野アーティストプロジェクト2020「読み、味わう現代の書」 会期 2020年11月18日(水)~2021年1月7日(木) 会場 東京都美術館 ギャラリーA・C

Items from the TV anime “Kimetsu no Yaiba” are now available from Right-on! It will be on sale at online shops and stores from December 23 (Wednesday)!

Right-on Co., Ltd., a jeans select shop, will start selling items from the TV anime "Kimetsu no Yaiba" at Right-on stores and online shops from December 23 (Wednesday). The items to be developed are 8 types of tops for adults, 6 types of tops for children, and 2 types of goods. The tops, which are based on the images of Tanjiro Kamado, Tanjiro Kamado, Yoshiyasu Gazuma, Inosuke Bakuhei, Yoshiyuki Tomioka, and Shinobu Kocho, are designed with character color lines and scene cuts from TV anime as motifs. It is a long T-shirt made of cut and sewn material. As for goods, we will develop socks and handkerchiefs that are easy

~ Enjoy the feeling of a department store with videos ~ “HOLIDAYS Special Movie” now available

https://dmdepart.jp/happy_holidays/movie/ On the Daimaru / Matsuzakaya website, "HOLIDAYS Special Movie" is being released, which provides a video of the interior decoration of the holiday season. In addition, during the "HAPPY HOLIDAYS" campaign period, purchase 15,000 yen or more including tax per receipt, and 2,000 people (total of target stores) will be selected by lottery from among those who applied for "Tatsuya Ishii Secret Live" video distribution. We will give you a viewing ticket. * Limited delivery of pre-recorded live performances. This year's "HAPPY HOLIDAYS" delivered by Daimaru and Matsuzakaya has a store interior with the theme of thinking about loved ones even if they are far away. Because of the

Thank you Xiang Xiang! The last is a full-faced “smile” photo “Clear file with panda anniversary calendar” present

Redemption period: December 25th (Fri) -31st (Thursday), 2020 Matsuzakaya Ueno store * Closed at 18:00 on 31st (Thursday) At the Matsuzakaya Ueno store, for a long period of 15 months from October 2019 to the end of December 2020, as a privilege exclusively for Daimaru / Matsuzakaya app members, the design changes every month "Clear file with panda anniversary calendar" We are planning a gift. Topics related to the pandas at Ueno Zoo are included in the calendar as anniversaries, and you can look back on the memories of Xiang Xiang's three and a half years. A clear file that can be cut and used contains a special photo. Introducing

Introduced the share cycle service “Charichari” to utilize empty space under elevated structures

-"Charichari" Improvement of mobility along the JR line and effective utilization under the elevated railway- JR East Urban Development Co., Ltd. is a bicycle parking port for the share cycle service "Charichari" operated by neuet Co., Ltd. (Headquarters: Minato-ku, Tokyo, President: Kentaro Iemoto, hereinafter "neuet"). We are expanding the introduction of. On December 1st, we installed the largest number of bicycle parking ports in the Tokyo area in the empty space under the elevated railroad, which is a 1-minute walk from JR Okachimachi Station, and between Akihabara and Okachimachi Station operated and managed by our company. We have installed ports in commercial facilities and empty spaces under the elevated railway

-Complete reservation system, only one Hina doll in the world- Hina doll easy order consultation

I want to cherish the once-in-a-lifetime celebration even if the corona is bad Shintaro Ningyo Co., Ltd. started the "Hina Ningyo Easy Order Consultation Meeting" on November 27, 2020. This is a service where you can make a reservation and come to the Mataro Ningyo Kaikan to order only one Hina doll in the world. [Details of Easy Order Consultation] Location: Shintaro Ningyo Kaikan 5-15-13 Ueno, Taito-ku, Tokyo 110-8505 Period: Limited time until December 27, 2020 (Sun) Delivery at the end of January 2021 Easy order fee is free. You can purchase it at the same price as the finished product. Information page https://www.mataro-doll.com/easyorder01 Traditional Japanese events that have been

Originated in Sichuan! The hot pot [Tanya Shae] has landed for the first time in Japan!

Global Estate Co., Ltd. opened "Tanyashe", Japan's first good luck hot pot, in Shinjuku-ku, Tokyo on September 1, 2020. Tanya Shae Tanya Shay, a hot pot chain store that originated in Sichuan, has expanded to more than 500 stores worldwide in just over two years since it was branded in 2018. In the first six months, it opened on September 1, 2020, with more than 100 stores opened in China and its overwhelming momentum. What is a good luck hot pot? Tan Yashe hot pot is made by pouring camphor tea called Lao Incha into the pot as shown in the photo, and ordering more than 50 kinds of famous

“Good Glass”, a glass that makes your time at home fun, will be on sale for a limited time at Ueno Marui!

-Sold for a limited time from December 2nd to 25th- Aiwa Kogyo Co., Ltd. "Good Glass Japan" will sell Good Glass at Ueno Marui from December 2nd (Wednesday) to 25th (Friday) for a limited time. This will be the second sale following July this year. We are planning to line up more than 25 types such as the popular "Hello Kitty" glasses and the "Shiba" series. ■ Dealer information Store name: Ueno Marui Location: 6-15-1 Ueno, Taito-ku, Tokyo 110-8502 Location: Ueno Marui 1F Front entrance right Period: December 2nd (Wednesday) to 25th (Friday) ■ Product lineup We have a lineup of more than 25 types of products, including the popular

Announcing the outline of the 17th largest classical music festival in Japan, “Tokyo Spring Music Festival 2021”

The Tokyo Spring Music Festival Executive Committee will hold the largest classical music festival in Japan, "Tokyo Spring Music Festival 2021", set in Ueno in the spring when cherry blossoms bloom, from March 19th (Friday) to April 2021. It will be held for about one month on the 23rd (Friday). The 17th music festival will be held at each facility in Ueno Park, a cultural center (Tokyo Bunka Kaikan, each museum, etc.), and will hold a wide range of concerts such as opera, orchestra, and chamber music by top artists from Japan and overseas. I will show you. After thoroughly implementing measures to prevent infection and spread of the new

“Hard Rock Cafe” Ueno Station Tokyo Ueno Zoo Giant Panda “Xiang Xiang” Farewell Memorial “Good Luck Panda Campaign”

Restaurant special menu sales period: December 5th (Sat) -31st (Thursday), 2020 / Rock shop goods sales start date: December 5th (Saturday), 2020 At the Ueno Station Tokyo store of the American restaurant "Hard Rock Cafe" where you can enjoy cooking while listening to various music, it is named "Good Luck Panda Campaign" to commemorate the farewell of the giant panda "Xiang Xiang" at Ueno Zoo. , A special burger with the image of a panda will be on sale at the restaurant, and two gift sets of original goods with panda illustrations will be on sale from Saturday, December 5th at the rock shop that sells original goods attached to

Top